2010年08月12日

富士あざみライン2

いよいよあざみライン挑戦が始まりました。出来れば最終休憩をちゃんとしてから走ればよかったのでしょうが、吉田学校の前の道を選んだ為すぐ近くのローソンによる事ができず、その事が心残りでした。



   ↓↓始まって直ぐは富士山が正面に見えてとても気持ちが良いのですが・・・
変換 〜 画像 011.jpg
あざみラインは噂では聞いていたもののどれ程の坂なのか全く知りません。最初はまっすぐな道が何処までも続くといった感じですがここが真綿で首を絞められるようなじわじわといきなり足や心肺にダメージを与えてきます。




   ↓↓もうこの辺から12%の勾配があります
変換 〜 画像 012.jpg

途中で勾配の標識がありましたが12%でした。




   ↓↓鳥の絵のある壁(写真は下りですから登っていくと右手になります)

変換 〜 画像 087.jpg

途中で鳥の絵が描いてある巨大な壁が出てきますが、そこからは気持ち楽になります。と思いきややっぱり辛い坂の連続です。




  ↓↓すれ違いざまのローディーさんは何やら含み笑いで挨拶してくれました
変換 〜 画像 014.jpg


頑張って登るとほんの一瞬御褒美で下り坂が数十メートルだけありますが、ここでロードの方とすれ違いました。こんにちは〜と挨拶すると、気持ちよく返事が返ってきましたが、少しにやっとなにやら含みのある笑いでした。

すぐのその意味を知ったのですが、この数十メートルの下りの後からがあざみのあざみ足る所以でした。最高22%の登りの始まりです。




   ↓↓この舗装が変わる辺りからいよいよ本番の激坂です
変換 〜 画像 016.jpg


ここから8km過ぎまでの区間が兎に角半端じゃないです。マイカー規制中をいいことに、蛇行の連続です。この先はず〜っと8km過ぎまでギアは28-32Tのままでした。




   ↓↓途中で写真がとれず激坂終了地点で何とか撮ったサイコン
変換 〜 画像 019.jpg


それでも辛くて蛇行を繰り返し息を整えまたあがっていくの繰り返しですが、途中でバスが追い越して行く時や、下ってきた時は蛇行が出来ませんので左端を走ります。 タイミングよく?左カーブの時にバスが来ると生半可な心拍数ではないのでは?と思うくらいの状態でした。順調に走れても5km/hとかそんなものでしたね。8kmを過ぎると多少は楽になりますが、きっと気のせいだと思います。本当は勾配がきついのでしょうが、激坂区間を過ぎた後で完全に感覚が麻痺しているのだと思いますね。最後の左カーブを越えるとまっすぐ上がっている道の両脇を囲っていた木々が突然なくなっている場所が坂の先に見えてきます。





   ↓↓ゴールの第3駐車場からの景色。ガスが無ければ富士山頂が一望できましたが・・・

変換 〜 画像 085.jpg


森林限界です。登り坂の向こうには空しか見えません、最後の力を振り絞り上がって行くと右にカーブしてゴール!!と思いきや、少し先にまだ坂がありまして、標識には第3駐車場?と書いてありその上が自転車でいける最高地点でしたので、鼻血も出ない身体ではありましたが、心を折らずに何とか足つきなしでゴールです。自転車を降りたら膝はぷるぷる震えているし、へたばっちゃいましたが、やっぱりこの達成感は気持ちがいいですねぇ〜 これだよこれ!




   ↓↓5合目は登山客でいっぱいです

変換 〜 画像 066.jpg

下の段の休憩所に自転車を止めて、今回お目当てにしていた“こけももソフトクリーム”を注文。



   ↓↓こけももソフトクリーム300円


変換 〜 画像 065.jpg


旨かったっす! こけももと聞いてコケが生えたモモなのか?と疑問に思いましたがお店の人に聞くと、コケモモって言う植物の実だそうですね。高山植物で標高2000m程度のこのあたりに群生しているそうですが、勝手に採ると捕まっちゃうそうで、なんかちゃんとしたルートで仕入れているそうです。この休憩所は登山客のための民間の売店ですが、私のような自転車乗りにも大変優しく接してくれます。着くと最初に椎茸茶を無料で振舞って私達を迎えてくれますし、話す顔はいつも笑顔で優しく接してくれる姿勢に頭が下がりました。富士宮口の売店は公営なのでしょうか?500mlのペットボトルの値段があちらでは麓と同じ150円なのに対してここは300円と富士山料金になっていますが、あの笑顔の裏側には民間と公営の違いがあったのですね。それでも300円でも安いと思いたくなるのは私だけでしょうか?




   ↓↓親子ローディー!!末恐ろしいお子さんです(7歳)
変換 〜 画像 031.jpg




   ↓↓この余裕が私も欲しい

変換 〜 画像 030.jpg

 
記念写真を撮りしばらく休んでいると、なんと親子連れのローディー登場です!! この子まだ7歳だそうで、結構楽勝ってな顔で写真を撮ってました。お父さんにお話を聞いた所、実は4歳でスバルラインから5合目まで登っているそうで、流石にその時は辛そうでしたが、今日はそうでもなかったそうです。
私がもしも下のローソンで登る前に休憩してからスタートしていたら、その時間分のタイムマージンがなくなり、きっとこのあざみラインでちびローディーに坂の途中でぶち抜かれていたのでしょう。想像しただけでも怖い話です。プライドがズタズタだったと思います。でもヒルクライムは体重が軽い方が有利だから・・・・・



   ↓↓下りと登りでこんなにも精神的な違いがあるのか!? 人の不幸が楽しい・・・
変換 〜 画像 034.jpg
親子ローディーは休憩もそこそこにダウンヒルに向っていき、私もその後しばらくして山を下っていきました。

ダウンヒル中は何台もの自転車とすれ違いましたが、皆さん一様に苦渋に満ちた表情で坂をい登ってきていましたが、こちらは何故かいつも以上に笑顔のなってしまいます。なにしろダウンヒルもゆっくりなので、写真は撮れるは、挨拶は出来るは、もう下るだけだし全てにおいて余裕があります。そこに来て22%の坂を登っている人に出会ったら、自然と笑いがこみ上げてきますよ。私がいきにすれ違ったローディーの方が含み笑いですれ違ったのが漸く理解できました。その上あの人たちは私とすれ違う前に例のちびローディーとすれ違っているわけですから、かなりショックだと思いますよ。

【関連する記事】
posted by KIKU at 04:00 | Comment(32) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

 自転車で森林限界まで登ることができる・・・考えただけでもすごいですよね。
 22%の上り坂・・・どんな感じなのでしょうか?
 文章ではさらりと表現されておられますが、実際はとても大変だったことが伺えます。
 登りきったときの満足感はすごいものがあったのではないでしょうか?
 私も登りたいです!

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
Posted by たーちゃん at 2010年08月12日 05:41
おはようございます。
7歳のちびちゃん可愛いです。
それくらいから鍛えてたら
将来が楽しみです☆
Posted by hayazou20002 at 2010年08月12日 06:56
アザミライン制覇お疲れ様でした〜

只今、新幹線で小田原通過中ですが、戻ってくるときにはロードをもってくるつもりでーす。
9月ごろにはあざみに挑戦したいと思っていますので、そのときは宜しくでーす。
しかし七歳で制覇とはすごいですよね〜
将来の山岳スペシャリストになるか、いまのうちにメモしときますwww

ではでは・・・
Posted by あんかーまん at 2010年08月12日 07:07
お疲れさまでした。
22%って・・・・@@

22%なんて未経験の世界、すごいです。

でも、すごいのは小学生の子供ですね。
びっくり。将来はどんなローディに育つのでしょう。

ツール・ド・フランスなんかに出ちゃったりして。(笑)

KIKUさん、そしたら記念物、お宝画像になりますね。^^
Posted by まーぼう at 2010年08月12日 07:55
22%はすごいですね、前に18〜20%の坂を上がった時は速度が4〜7キロ位で蛇行しまくりでした。

なので22%は登れないでしょうね…あまりにも遅すぎてバランスを崩し倒れてしまうかもしれません(^^;)
Posted by kazu at 2010年08月12日 09:44
22%って、なんなんですか!?
7歳ローディーも・・・SPDついてるし。
読んでいて溜息しかでませんでした。

でも、KIKUさんも負けてなかったですね
そのうち、ブログタイトルを変えないといかんですねぇ
「お先にどうぞ・・・そのあとぶち抜いてあげます」とか(笑)
Posted by Bパパ at 2010年08月12日 09:56
お疲れ様です。

チャレンジャーですね〜。最高っす。
KIKUさんに負けじと、励まないといけません。 笑
Posted by Siru at 2010年08月12日 11:06
最大斜度22%ですか!すごいですね
見るだけで苦しそうなコース、28-32Tってのがわかります。しかし、森林限界っていったい…。

ところで、前に私のブログに書いて頂いていた事で相談事がありまして、よろしければメールをいただければありがたいです(_ _)。

Posted by ZZ at 2010年08月12日 11:29
激坂区間後の10%ならかなり緩い坂に感じられるでしょうね。

それにしても子供恐るべし
ちなみに10、20代の若者もとんでもない奴多すぎですからねw
Posted by まっくろくろすけ at 2010年08月12日 12:49
こんにちは^^
ダウンヒルは楽しそうだ〜ww
下りだけなら走りたいな^^

てか「ちびローディ」恐るべし…
Posted by ramu3003 at 2010年08月12日 15:15
こんちはー。

森林限界ですかー。そんなところまで自転車で登るなんて、さぞ疲れたでしょう(笑
22%勾配なんて、、、私は押して登りますっ
Posted by ひろ at 2010年08月12日 15:43
あざみライン撃破、お疲れ様です(*^^)v
私も同じ日に足がプルプルしていましたが、比べ物にならないぐらい凄い坂なんですね‥。

それにしても、富士山の5合目の賑わいにはびっくりです。
ちょっとした商店街のようですね。
Posted by ケント at 2010年08月12日 15:49
富士あざみライン制覇おめでとうございます。
なかなか走り応えのある坂ですね。
というか、10km超え・10%超えで途中22%の坂とかありえません。
坂バカの称号を認定しますww

本日、浦安より戻ってきましたが、帰りの道中、曇りで富士山が見れなかったのが大変な心残りでした(泣)
Posted by めばる君 at 2010年08月12日 17:02
たーちゃんさん
私も登りたいって言うのは流石にたーちゃんさんですね。(笑)
富士山はこのあざみだけは別格な勾配なので機会があれば是非!!
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:31
hayazou2002さん
この年から鍛えたらいい大人になれないですよ。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:32
あんかーまんさん
今頃はもう九州かな?
ロードを持ってきたら、アンカーマンさんは無敵でしょ!?
狂ったように走る姿が目に浮かびます。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:34
まーぼうさん
有名人になったらうれしいですねぇ〜
写真も高く売れますかねぇ?? でもホンと抜かされなくてよかった。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:36
kazuさん
べたインの左カーブが22%ですので、私も右側を通りました。 あんなところ人間の通る勾配じゃないですよ。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:38
Bパパさん
あざみでもお先にどうぞでしたが、幸い誰も居なかっただけです。タイムは1:50:××ぐらいですでしたので、たぶん普通に人は私より20分程度は早いと思いますよ。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:41
Siruさん
富士山グランドスラムの為、残すはスバルラインです。
できれば今月中に行きたいです。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:42
ZZさん
エスケープのギアがありがたかったです。
ロードの人たちがそれでもグイグイ上がってきているのがすごいなぁ〜と感心しながら、ダウンヒルしてました。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:44
まっくろくろすけさん
こう言う子供が例のヤツみたいになっていくのでしょうねぇ〜
適わないですよ!!
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:45
ramu3003さん
ダウンヒルは勇気が無くてフルブレーキなのでブレーキの減りが気になっていやですよ!!
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:46
ひろさん
早朝ポタの涼しさを知ってるひろさんなら分かりますよ!ここは寒かったです。ダウンヒルもそうですが、頂上でもちょっと体が休まると寒いぐらいでした。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:48
ケントさん
この情景は5合目は一緒なのかどうか?? でもお店の人の愛想がとても良いので、私もここなら又来たいとちょっとだけ思いました。でも嫌ですがね。
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:50
めばる君さん
TDLお疲れ様でした!! 込んでたでしょう!!?
富士山見れませんでしたか?! 今日は台風の雲がすごかったですからねぇ〜
又明日から坂登るんですか??
Posted by KIKU at 2010年08月12日 19:52
すげぇ〜人、人、人なんですね。
ひっそりな、あざみしか見たことないっす。
あざみ=静かというのが、私の印象。
、、、っていうか、静かな日選んで行ったからね。(笑)

だから、最後のストレートの坂道で最高速度82キロ記録。もう、二度と出したくないっす。(;^_^ A フキフキ

Posted by MOW at 2010年08月12日 20:26
22%って想像もつきません。それが何キロも続くんですか。恐るべし、あざみラインですね。
しかし7歳の子がこの坂を登ってくるんですか。
将来はツールでも走るようになるのかな。

確かに7歳の子供が厳しい坂を登って降りて来たのを登りながら見たら普通の人はヘコムでしょうね。
Posted by nobsun3 at 2010年08月12日 20:53
MOWさん
そっかぁ〜 MOWさん行くときは平日だもんなぁ〜
休日のこの日は登山客がすごかったですよ。
でも寒かったからこのぐらいにぎやかなほうが多少は暖かくてよかったですよ。
82キロはだめでしょ!!普通にスピード違反です!!
Posted by KIKU at 2010年08月13日 20:27
nobsun3さん
ほんとあの子の抜かされるタイミングで走ってなくてよかったです。自転車降りてるかも・・・
Posted by KIKU at 2010年08月13日 20:29
初めまして。ペコリ(o_ _)o))

ふぅさんのとこでちょくちょく見てました。
凄いですね。まったく。負けますわ。
山は得意でないので、ふぅさんにも負けるでしょう
(T0T)。
羨ましいですわ。10%をなんキロも登れる脚が。
私もいつかは、そうなりたいと思います。
ただ、羨ましがってても面白くない。
いつかは、私も。。そんなもんでしょう人間。
いつかはって思うだけマシかもしれません。
普通の人は、行かないでしょう。。行く前に。
そんなんは、あふらしい。誰か行けたのだ。私も。そんな気になるブログですね。
クロスバイクでは、見たいブログは二つしかない。。貴重だ。
他はしょうもない。。見る気もしない。。。
走ってますな〜っ。ほんまに。期待してます。ペコリ(o_ _)o))
Posted by スキンヘッド at 2010年08月13日 22:57
スキンヘッドさん
なんだか褒められると恥ずかしいですが・・・・
ありがとうございますねぇ
私自身もよそのブロガーさんが行けてるのでその気になって行ってるのですが、やっぱりそう思ってもらえるとうれしいです。
Posted by KIKU at 2010年08月16日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキング
人気ブログランキング