2010年06月06日

ニュータイヤでヤビツ峠

土曜日はいい天気でした。 私は2週間ぶりの自転車デーになりました。例によって朝4時に目覚ましセットしておいたのですが、目が覚めたら6時でした。最近ようやく?仕事が忙しくなってきたせいか、少しお疲れモードでしたので休日に寝坊する事もあるみたいですね。私は子供のころから遠足や運動会の前の晩は全く眠れない性格の持ち主でした、それは今でも同じです。先日もゴルフとなれば全く眠れない夜を過ごし朝を迎えていました。2週間ぶりの自転車デーで前の晩の天気予報も最高でしたが、実は4時の目覚ましで一旦は目覚めたのですが、前の晩に降った雨のせいで気温が低めでして、何か上に着ないとちょっと寒い様気でしたが、すぐに気温は上がってくるのは目に見えて分かっていたのでスタート時間を遅らす作戦を考え2度寝をしてしまいました。そして気が付くと6時を回っていた訳です。やっぱ身体もつかれているし2度寝は寝坊のもとですね。早速着替えて自宅を出発です。 今日は先日まぁさんから譲ってもらったタイヤとホイールのインプレをするためにも普段通っているヤビツ峠にアタックすれば一番比較しやすいと考えていました。     
画像 075.jpg
28cから23cへと変更しホイールもSIMANO WH-500へと進化したエスケープR2の走りはどう変わるのかわくわくしながらの走りだしです。タイヤはエクステンザRR2ですが、走りだしから明らかに違います。グリップがかなり向上しているのでしょう。マンホールのふたを踏んだ時などは顕著に分かりますがキュっとタイヤの擦れる音がします体育館でワックス掛けたての床を新品のバスケとシューズで走る様な感覚でした。いきなりビックリしてのスタートですが、走りだしから巡航速度に乗りきるまでも今までよりも早い気がします。平地巡航速度も数キロ、大げさにいえば5km/hほど上がってるような気さえします。順調にヤビツ峠に到着しサイコンのタイマーをセットしてスタートです。行きに実感した巡航速度のアップに気を良くしていたので、すこしいつもよりはペースが速い様な気もしますが、負荷のかかり方がそうでもないのでデイリーストアの信号も過ぎて蓑毛の坂にさしかかりました。ここで足に少し違和感が発生してきました。まだ蓑毛のバス停までは程遠い場所にも関わらず全然足が回りません。息も上がり気味です・・・・・体調が良くないのか、調子に乗って最初からペダルを回し過ぎたのか?分かりませんが兎に角今日は辛いタイムアタックになって来ました。     
画像 078.jpg
前回はフロントミドルで上がれましたが今日は全くそんな気になれません。蓑毛の坂ではフロントインナーを使ってしまいました。普段はこの坂を日の出とともに登っていますが今日は寝坊をしたせいで、他の自転車乗りの方もいますし、バスも走っています。こんなヤビツは私 初めてでしたので、結構ビックリですが、これが普通なのでしょうね。何台もの自転車がダウンヒルをしてくる中何時になくきつい坂道をえっちらほっちら上がって行きました。ダウンヒルの自転車にすれ違うたびに声をかけるのですが、相変わらず返事をくれる人は半分ですね。全く寂しい光景ですがこれが現実なんですね。菜の花台を通過した時は39分ですがこれは私の自己新です。今までの記録は40分ですので約1分の記録更新でした。 ???あれだけきつく感じていてかなり前回よりは遅く走っていたように思っていたペースでしたが、実際には1分も速く走っています。これはビックリでしたが息の上がり方は半端なくもう限界寸前です。やっとの思いで峠に着いたのですが記録は5739秒でした。前回の記録が5830秒ですから約1分の記録更新です。しかし登りでのニュータイヤ&ホイールの印象は足が辛かったせいかまったく走らないって印象でした。結果からみると記録更新しているので、次回もう少しペースを考えればもっと短縮できるのでしょうか?     
画像 070.jpg
峠のバス停でいつもの様に休憩をしようと思いましたが、これまたおびただしい登山客が陣取っていました。とにかく日の出の時間にヤビツ峠に登る私にはこれだけの人がここにいる事にビックリしました。ベンチで休憩していると定期的に上がってくるバスからどんどん登山客が降りてきます。静かで気の休まる印象の峠も今日は人人人です。今日は天気が良くなると思っていたのですが、ヤビツは霧がかかっていまして気温は低めでしたが、ウインドブレーカーを用意していなかったので、半袖ジャージのままダウンヒルする事にならました。




画像 074.jpg


休憩していたので身体の汗は引いて体温も下がっていたのでダウインヒルはスピードを殺して1520km/hで下って行きました。

23cのタイヤはバンピーな路面では非常に跳ねると聞いていましたが、あまりにもスピードが遅すぎてそんな気配は全くなかったです。ダウンヒルの最中に物凄い勢いで一台のローディーが峠に向かってアタックしていきました。多分30km/hぐらい出ているのでは?と思うスピードです。私が12km/hでひいひい登っている場所をあんなスピードで走るなんて。 たぶんあんな人がヤビツで30分台で上がっていく人たちなのでしょうね。蓑毛の辺りを下っていると、3台の列車が坂を登って来ましたが、何だか先頭の人がノーヘルなんです! すれ違いざまに確認しましたが、又してもGIOSの例の人でした。しかし最近よく合うなぁ〜他の2台は良く見えませんでしたが毎朝走っている人なのかもしれませんね。 しかし朝の通勤時間の海岸線ではノーヘルの自転車はまだ他にもいますが、流石にヤビツではオンリーワンですね。恐れ入りました。    
画像 080.jpg

ニュータイヤの印象ですが、平地ではかなりの性能アップが出来ました。峠では変わった印象は薄いものの結果から見るとタイムアップしてますので、これも性能アップをしたようです。またタイヤが細くなったことで自転車の倒しこみが楽にできるようになりましたのでクイックに動く印象です。ダンシングの時も左右に降りやすくなったように感じます。

posted by KIKU at 05:00 | Comment(14) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

タイヤを替えてヤビツでの記録更新ですね。
おめでとうございます。

苦しかったのは、平地での走行が軽くなったので少し前半オーバーペースになったのでしょうか。
いつもの違う時間だったのも影響したのかもしれないですね。
頑張ってください!

ぽち☆
Posted by ひろじ〜 at 2010年06月06日 05:14
お疲れ様です。
タイヤって結構、変わりますよね。

僕もタイヤを交換して同じ感覚を味わいました。

僕は昔、Escapeにエンドバーをつけていました。
エンドバーがあるとまたヒルクライムもまた違う気分
を味わえるかもしれませんね。
ロードのようにハンドルを持つポジションが変えられるし。

でも、KIKUさん凄いですね。
これからも頑張ってください。
Posted by まーぼう at 2010年06月06日 05:32
私の場合ダウンヒル中に挨拶されても、挨拶を返す余裕がないですね(^^;)

55〜65キロは出てるから神経を研ぎ澄ましてるし、風の音がすごいのでたぶん聞こえないと思います…

やはり23Cにするとかなり違うんですね!今後が楽しみですね。

登り坂は自転車にのるのが二週間と言うのも関係ありそうですね。
Posted by kazu at 2010年06月06日 05:55
おはようございます。
23Cの効果が出てよかったですね。
次はドロップハンドルに交換すれば
ポジションも増えて、もっと速く
走れるようになります。STIを
含め、オークションで2万円位かなあ☆
Posted by hayazou2002 at 2010年06月06日 07:41
KIKUさん、おはようございます!

ヤビツ峠アタックお疲れ様でした。
ニュータイヤ&ホイールでの初アタックでしたが、
少なくとも平地ではその良さを実感出来たようで
すね。

それにしても峠ではタイムアタックされていたと
は恐れ入りました。私なんぞは、人が歩くような
速度で上っていくので、もしKIKUさんを一緒に走
ったら倍は時間が掛かりそうです・・・。(汗)

Posted by 片山R at 2010年06月06日 08:22
おはようございます(^-^)/
23Cタイヤとホイールは効果ありですね。
私でも平地での平均速度が普通に上がって来てますから。
Posted by ramu3003 at 2010年06月06日 09:20
ヤビツお疲れ様でした。。

ニュータイヤ&ホイール。。かなり良いみたいですね。。
登りで、1分短縮。。すごいと思います。。
ロングでは、もっと印象が変わるんでしょうね。。


下りでの挨拶は、やっぱり声掛けるの無理ですね。。
挨拶より自分の身が大事です。。すみません。。
でも平地や登りでは挨拶してますよ。。
Posted by こーじ@広島 at 2010年06月06日 09:40
KIKUさん

ありゃ!KIKUさんもヤビツ峠でしたか。
私は裏から上って峠には9時に着きました。
今日は登山客が多かったですね〜
Posted by kuma at 2010年06月06日 13:50
こんにちは〜☆
WH-R500とエクステンザRR2、効果アリのようですね♪
私は耐久性に定評のあるSCHWALBE MARATHONに交換したのですが、1年経ってないのにヒビ割れが?
という訳でちょいと検討しておりますので、レポありがとうございました。
Posted by ZZ at 2010年06月06日 16:26
なんか、自転車が引き締まって、カッコよくなってません?(笑)
タイヤだけでも、結構違いますね。

私も、何故かGIANTのTシャツ買いました(爆)
Posted by ゆるポタ at 2010年06月06日 17:04
KIKUさん、こんにちは。

私も「下りの挨拶返しは余裕なしかも」の意見に1票です。

ヤビツ峠がどのような道路幅で、路面状況がどうなのかは分かりませんが、路面状況を読みながらの下りの場合は、神経を集中していると思いますので、挨拶返しができなくても仕方がないと思います。
Posted by 組長 at 2010年06月06日 17:18
乗り心地が固いとかコメントあるかと思いましたが、
そうでも無さそうですね。

峠よりも、フラットな道をスピード上げた時に、
違いを感じると思いますよ。
Posted by Siru at 2010年06月06日 19:21
こんばんは〜

 23cの効果は絶大みたいですね〜
 ヒルクライムなどでは、やっぱり抵抗の少ない良く回るホイールと転がり抵抗の少ないタイヤのほうがメリットが大きいのかもしれませんね。
 私のタイヤもそろそろ交換時期にさしかかっているのですが、そのときは23c化を検討したいと思っています。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
Posted by たーちゃん at 2010年06月06日 21:38
KIKUさん、こんにちは〜
僕が23Cに変えたときは、印象としては速くなったような。。。楽になったような。。。という、微妙な感覚でした。でも、乗りなれてくるとフラットの直線で無風の時なんかにスピードが乗ってくるのを実感しますよ!!
Posted by kimisue at 2010年06月06日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキング
人気ブログランキング