2010年08月15日

FunRide千葉1

お盆休み私は千葉の実家に里帰りです。以前にも話しましたが私の実家、本当は鎌倉なのですが、両親が第二の人生の為千葉県に移り住んできています。

なので千葉県に里帰りしてもほとんど土地感はありません。

 

最近ブログでお話をさせていただいているpentaさんが、私が千葉に行くこのお盆に一緒に走りましょうと以前からお誘いを受けていましたので、今回千葉Funライドをご一緒することにしました。

冒頭話したとおり、こちらに土地感の無い私は当日のコースをpentaさんにお願いして完全にお客さん状態でただ当日を待つだけの楽なポジションでお盆Funライド当日を迎えました。

今回は台風の影響で天気は微妙で前日の天気予報でも全く判断はつきませんでしたが、当日の朝はそこそこいい天気で、何とか一日持ちそうな感じの雲の流れでした。

この日は朝5:30に大多喜の駅に集合となっていましたので、車で大多喜まで行き、そこからスタートします。少し早めに着いたのでまだpentaさんらしき人は居ません。

なにしろブログで話をしているだけで、あったことは無いのでどんな方かも知りません。

かすかな情報はハルルさんに教えてもらった、九十九里の早朝高速ローディーだと言うことだけです。





   ↓↓リアル初めまして!

DSCN2487.jpg

そこにpentaさん登場です。リアルはじめましてですね。

pentaさんの愛車はコラテックのロードです。私は自転車のことは詳しくないので、グレードとか良く分かりませんが、白いロードって格好良いですね!!

ジャージが私と同じNaliniで私がブルーでpentaさんが赤でした。なんかチームっぽくて良いですね〜

事前交渉でクロスバイクの私にハンディキャップを頂き今日はゆっくり走っていただくことにしてもらっていますので、多少は安心ですがやっぱりロードと走るのは緊張します。

千葉県は高い山は無いのですが、房総半島はほとんど山に覆われていますので、うまくコースを設定するとアップダウンを繰り返しかなり足に堪えるコースを組むことができるそうで、本日は走行距離が140kmで獲得標高が2800mになるコースをpentaさんが考えてきてくれていました。





   ↓↓ヒルクライム体型のpentaさんですが・・・
画像 006.jpg

 

早速スタートします。道先案内をかねてpentaさんに今日一日曳いてもらいますが序盤は互いにけん制し合い、様子見って感じでしょうか?

早速坂道に差し掛かりました、pentaさんの指示で本日は20km/h−(マイナス)勾配%で走ろうと言われてほっとしながら走ります。この走りなら今日一日何とか足は持ちそうです。




   ↓↓本日初めてのデジイチ撮影でいきなり笑われました。
画像 024.jpg

 

最初は大多喜の駅から国道297を北上し高滝湖を目指します。最初の坂は横山の交差点を過ぎてからのツヅラ折れの坂道ですが、順調に登りそこからしばらく楽しく走った後の高滝湖に向かう市原象の国の坂道も美味しく頂きました。最初の休憩はその先の高滝湖畔の加茂橋脇の駐車場です。




   ↓↓ヤゴがトンボにふ化してます。
画像 018.jpg

以前からこの橋を自動車で通るたびに湖に浮かぶヤゴの巨大オブジェが気になっていましたので、記念にパチリ! 私がデジイチで写真を撮っていると横でpentaさんが笑っています。 まぁさんもそうですが、私の撮影姿って変ですか??





   ↓↓良い感じの穴ですよ!
DSCN2582.jpg

 

ここでpentaさんの後輪に穴が開いているのを発見。なにか踏んだ後なのでしょうか?すでに異物は無く貫通しちゃっていて大丈夫そうですが、一抹の不安は残ります。

その後は湖畔を快適に走りますが、台風の影響でしょうか?風がとても強く時折平地でもヒルクライムのような感じ?がしましたね。その後は言われるまま走ったので、いったいどこを走ったのか全く分かりません・・・

途中の道を曲がってどこかの林道に連れて行かれました。こんなところでpentaさんが急変して私に悪戯してきても誰も助けに来てくれないだろうと思うと、とても怖くなりましたが、一応pentaさんより体格では私のほうがはるかに勝っていますので、大丈夫でしょう!??





   ↓↓淡々と坂を登るpentaさん
画像 030.jpg

 

林道もしばらく続くのぼり基調にpentaさんからこの先は一本道だからしばらく好きに走ってもOKといわれたので、ちょっとがんばって登ってみました。

うっすら右にカーブしている坂道はそこいら変で頂上かとおもいアタックしましたが右カーブしてみるとゲゲゲ!まだ頂上ではありませんでした。後ろにはpentaさんが私の様子を見るように淡々と登ってくるし、ここでアタック終了したら恥ずかしいので、折れそうな心を奮い立たせてもう一踏ん張り!! 何とか頂上に到着。いきなり足が売り切れるかと思いました。ここでカメラを取り出し淡々と登ってくるpentaさんをパチリ。

長くなりますので明日に続きます。m(_ _)m

posted by KIKU at 04:00 | Comment(18) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング
人気ブログランキング