2010年05月24日

気持ちの良い距離は

先日獲得標高3500+200kmロングライドの自己限界への挑戦?的な事をしたわけですが、当然事前にルートラボで色々シュミレーションしてコースを決定し当日を向えたわけですが、当たり前の話逆回りをしても同じ距離と獲得標高になるわけです。

しかしあえてそのコースは採りませんでした。なぜならば同じ山を登るにしても下りと上りの傾斜が全く違うからです。

      ↓↓MOWさん見っけ!
画像 085.jpg

前回の逆ルートを辿ると第一関門は箱根の旧道ですが、この道はぐねぐねと曲がる七曲(ななまがり)がありますが、この七曲で車が来た場合ベタインで走らざるをえませんが、ここでのベタインラインは私にとっては命取りになるでしょう。ただでさえきつめの傾斜にもかかわらず、泣く泣くイン側を走行するハメになったら私の脚力では運がよくて足つき、最悪落車か立ちごけ状態でしょう。

そして何よりもここだけは避けたいのが静岡県側からの三国峠ですね。 傾斜表示の18%が続くこの峠は私のようなクロスバイカーが足を踏み入れてはいけない場所なのです。唯一この峠に入る事を許されたクロスバイカーはたーちゃんさんぐらいでしょう!? 

      ↓↓ヤビツにもマナーをわきまえないバカ共がいます。
画像 016.jpg

また逆廻りだと最後の関門になる道志道の終盤から宮が瀬ダム経由の裏ヤビツまでの延々と続く上り坂は気が狂うのではないでしょうか? 

いつかはこの逆コースでの200kmライドを経験してみたいですが、まだ私の足では無理ですね。

200kmを走り終えて考えてみたのは、私の適正距離はどの位なのだろうか?ってことです。

これは標高や風などいろいろな条件が重なり合って変化するのでしょうが、一日フリーだとしてどうなのでしょうか?? 3時だ4時だと早起きもいいのですが、通常の早朝?っていうと6時位から早めの帰宅で夕方3〜4時位の10時間程度で考えるとセンチュリーの160kmが限界なのでしょうね。

別に160km走らないと満足しないわけではなく、自分の体力と時間の中で楽しく、でも頑張って走れる限界がこの辺なのかもしれません。

ゆるポタの2030kmも楽しいですが、限界という意味ではその辺なのでしょうね。

       ↓↓向こうにはダム本体があります
画像 022.jpg

これからの時期気温がどんどん上がってきますので、そういった意味も含めて考えると一番熱い時間帯(12時〜3時)は休憩にまわし外の時間で走ろうとすれば実質稼働時間は67時間かな?? そうなると距離はもっと減ってきますね。100150kmが良いところでしょうね。

自転車は楽しい乗り物ではありますが、身体を壊しても仕方が無いので楽しく乗れる範囲で満喫するとこの辺を限界点にこれからの時期は考えてみたいと思います。

当然、たまには自分の限界を超える挑戦もするでしょうが、それは付録ですね。

posted by KIKU at 05:00 | Comment(34) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング
人気ブログランキング