2010年05月06日

養老渓谷の滝めぐりといすみ鉄道そして笠森観音を見に行こう その2

昨日からの続きです。
その1はこちら↓↓
養老渓谷の滝めぐりといすみ鉄道そして笠森観音を見に行こう

  ルートはこちら→クリック


養老渓谷の滝めぐりといすみ鉄道そして笠森観音を見に行こうライドとして今回は千葉の実家からのポタを敢行したわけですが、上総七面山展望台公園の看板に騙されて?無駄に足を使ってしまったようですが、気を取り直して再出発しました。

程なく次なる目標地点の上総中野駅です。



  ↓↓上総中野(かずさなかの)駅
変換 〜 DSC_0095.jpg


ここはいすみ線の終点駅で、タイミングがよければムーミン列車が見られる場所でもあります。到着して時刻表を確認しましたが、まさにベストタイミング!!ムーミン列車は9:48発です。時計はその2分前ですが列車はまだ見えません。駅のホームにはカメラを構えた親子ずれがいましたので聞いてみましたが、少し遅れているそうです。




  ↓↓10分遅れで到着です
DSC_0098.jpg


列車は9:50頃に現れました。記念写真を数枚パチリとしましたが、のんきですねぇ〜列車は5分程度停車していて、約10分遅れで出発していきました。あれで大丈夫なのでしょうか??




  ↓↓流石ムーミン列車
DSC_0102.jpg

 

駅を後にして465号線を道なりに左折して、ひと山超えれば次なる目標地点の養老の滝へ向かう交差点が現れます。老川十字路を左折してグイグイ坂を上がっていけば其処にあるのが養老の滝です。




  ↓↓こっちがパイオニアなのでしょうがどうしても居酒屋チェーンの名前が
DSC_0130.jpg


ここ養老渓谷の中でもこの滝のある場所はかなりの観光地として人気を博しているようで、滝の付近は有料駐車場がいっぱいありますが、ここの本番は紅葉の時期だそうで、駐車場のおじさんに聞いたところ、紅葉シーズンは車で来ても止める場所など見つからないとの事でした。ここは粟又の滝自然遊歩道が整備されていて渓谷内を歩いていけるコースが併設してあります。





  ↓↓眼下には養老の滝(粟又の滝)が見えます
DSC_0125.jpg


渓谷までは階段で上り下りしなくてはいけませんが、そこさえクリアしてしまえば自転車で押し歩くことはできますので、エスケープR2を肩に担いで階段を下りていきます。上流側まで自転車で行きそこから遊歩道を下って下流側から又車道に戻ることにしました。



  ↓↓粟又の滝は一番人気ですね 
DSC_0143.jpg


階段を下りて先ず一番初めにいきなり見えるのが、一番人気の粟又の滝です。「粟又の滝」は養老川の本流に懸かり、落差は30m程ですが滝幅が広く、滑るように白水が流れる姿は美しく雄大であるとパンフレットには書いてあったが、水量が少ないせいかいまいちではありました。この滝の正式名称は「高滝」で、「上総養老の滝」とも呼ばれているが、地名から一般的には「粟又の滝」と呼ばれているそうです。



  ↓↓千代の滝 一段上に滝があります
DSC_0153.jpg
次に見えるのが千代の滝です。岸を伝って流れる清水って感じですね。




  ↓↓万代の滝
DSC_0158.jpg


次が万代の滝 千代の次は万代ですね。この滝は近くまで行けますし水量もまぁまぁでしたので、結構見応えがありました。もともと名前が無かった滝で、支流が滝沢だから、滝沢の滝だということでしたが、遊歩道整備した際に、観光名を「万代の滝」とつけたようです。




  ↓↓昇竜の滝 これは人工の滝だそうです
DSC_0187.jpg

次が昇竜の滝です。

この滝は農業用水を流し込んでいる人工の滝だそうです。が落差20mもかなりあり見応えはありますが・・・



  ↓↓見返りの滝 見返さないと気がつきません・・・
DSC_0194.jpg

見返りの滝です。こいつはかなりしょぼいですね!

全体としては散歩コースとしては大満足でしたが、滝好きの方には物足りなさを感じる場所かもしれませんね!? 





  ↓↓脇のいたる場所から水が染み出てきています。
DSC_0171.jpg


遊歩道の総延長は約2kmで釣りを楽しんでいる人や家族ずれで沢ガニなどを探して楽しんでいる方たちもいました。 





  ↓↓渓谷はとても涼しげです 紅葉はきっと凄いだろうなぁ〜

DSC_0166.jpg


私がエスケープR2を押し歩いていると、自転車用のヘルメットをかぶったご夫婦ずれに声をかけられまして、渓谷に降りてくる道を一つ間違えて急な階段だったので担いで降りてくるのを断念したといっていました。悔しいので私の自転車をバックに滝の写真を撮っても良いか?と聞かれお貸ししまして、エスケープ君とご夫婦の写真を私が撮ってあげました。



  ↓↓幻の滝

DSC_0206.jpg
遊歩道が終わりまた車道に戻るために階段を自転車を担いで上がりスロープに変わったところから坂をこいで上っていくと幻の滝と看板が出ていまして、そこだけは入場料として100円徴収していましたが、ここまで来て見ないのもなんなので100円支払って見物してみました。



  ↓↓幻の滝(小沢又の滝) 一の滝
DSC_0207.jpg
この幻の滝は昭和61年に山菜取りに来た人が発見したそうですが、そのエピソードは本当なのでしょうか? 幾らなんでもこれだけの滝がそんな時期まで見付からなかったってのが腑に落ちませんが、その発見者がこの滝を唯一見られるように辺りを幻の滝ガーデンと銘打って100円徴収して、在りがちな土産名コーナーを併設しこの養老渓谷でも指折りの金儲け主義がむき出しなスポットとなっています。




  ↓↓幻の滝(小沢又の滝) 二の滝
DSC_0208.jpg

土産やのなかには、なぜか要らなくなった子供のおもちゃ等も売っていて、売れれば儲け物的な考えがありありと分かります。そうなると売っている川魚の焼き物や山菜系の食べ物も怪しく見えてきます。中国産かもしれない??と疑ってかかるのは私だけじゃないと思いますよ。
幻の滝は100円払った遊歩道を歩けば1〜5の滝までが見物できますが時間が無かったのでそちらは行きませんでした。

養老渓谷の滝見物は私的にはかなり大満足でしたが、最後の幻の滝ガーデンだけは頂けないですね。終わりよければ〜とありますが、なんとも後味の悪い最後でした。
では、また明日に続きます・・・・

posted by KIKU at 05:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング
人気ブログランキング