2017年08月29日

大井川鉄道SL輪行

8月最後の土曜の26日は念願の大井川鐡道に行ってきました


035.jpg

以前からタイミングを見計らっていましたがなかなか折り合わず行けていませんでした


何しろ人気のSLなので予約しておかないとチケットがとりにくい


064.jpg

しかし自転車で行くとなると晴れの日じゃないとつまらない


043.jpg

そうなると天気予報見てこの日は大丈夫そうだと判断してからチケットの予約を入れることになるのだがそれだと手遅れで満席なことが多い


そんなこんなでなかなか行けなかった大井川鐡道ですがなんとか天気予報とチケットがうまくかみ合って今回いけることになりました


003.jpg

電車で島田まで3時間の旅は片道約2500


島田から新金谷までは自走して新金谷からSLで千頭(せんず)までが乗車券1770円とSLチケット800


そして今回は輪行ですが手荷物チケット260円もかかります


030.jpg

列車代としてこの日一日で約8000円の旅です


輪行は260円徴収されることで逆に胸張って列車に乗れるのでこの方がいいと思いました


9時過ぎに島田駅に到着し自転車を組んでスタートです


006.jpg

直接金谷まで行かなかったのは自転車で走りたかったルートがあったからで


それがこの蓬莱橋(ほうらいばし)です


009.jpg

世界一長い木造歩道橋で全長897.4メートル、通行幅2.4メートルです


歩道橋とは言っても通行料100円を払えば自転車でも走れます


0111.jpg

朝の連ドラ見てないから知らなかったのですがトト姉ちゃんでもゆかりのある場所のようです


蓬莱橋を渡り切って金谷側に入るとちょっときつい坂があっていきなり心が折れそうになりますがそこを越えると一面茶畑の世界が広がります


島田の辺りはお茶が盛んのようで三浦のキャベツや大根畑のように一面茶畑でした


015.jpg

でもお茶の香りってしてこないのね^^


そのまま金谷駅を経由して新金谷まで自走します


新金谷の駅に着く寸前、踏切に人だかりができていたので駅に向かわずその踏切に行くと丁度駅からトーマス列車が出発するところでした


019.jpg

私が予約していた列車はそのあとのC11で通常のSLなので出発まではまだ余裕があるのでひとまずその踏切からトーマスを待ち構えて皆さんと一緒に撮り鉄モード


ちょっと興奮気味ですw


023.jpg

それから駅に着き予約していたチケットを買いに改札横の窓口に行くとSLの乗車券は向かいの建物の中だと言われ駅の外にあるスーパーのような建物の中へ


そこでチケットを無事購入して一緒に輪行用の手荷物チケットを買おうとしたら今度は駅舎の窓口で買ってくれと・・・・


032.jpg

どこか一か所で扱ってくれないものですかね?^^


スーパーのような建物はSL専用のチケット売り場兼お土産売り場でそこで駅弁も買うことが出来ます


028.jpg

SLの旅は約1時間だし丁度出発時間が12時ごろなので駅弁購入です


027.jpg
029.jpg

今回のグルメはこの駅弁だけね


052.jpg

時間に余裕をもって行動していたつもりですが駅舎でなんだかんだと時間を使い退屈することなく丁度乗車の時間となりました


038.jpg

自転車輪行の場合、荷物は列車の最後尾に積むことになるので指定される座席も最後尾の客車となります


037.jpg

自転車も2台程度が限界だと思うので他に輪行のお客さんがいなくてラッキーでした


当然ですが車両の内装もレトロ感あふれていて最高です


048.jpg

満席だと思っていましたが若干チケットは残っていたようで我々の席は4人掛けですが2人だけしか座らず広々と使わせてもらえました


定刻で列車は発車すると車窓からの景色はとても素敵


057.jpg

道行く人や撮り鉄の人たちが沿道から手を振ってくれます


なんだか有名人になったような気分がしてうれしいw


路線にはいくつかのトンネルがあるのですが窓を全開の車両ですがトンネルでも煙たくない


062.jpg

心配していましたが結構平気なのですね


終点の千頭(せんず)からは予定していたルートを走ります


思いのほか観光客が多く終点の千頭は大盛況で自転車担いで改札を出るのに困ったほどでした


061.jpg

時間があればここからトロッコ列車でさらに上まで行きたかったのですがそれは次回のお楽しみに


065.jpg

最初はすこし北上して両国橋のつり橋を通過してから千頭にもどりダウンヒル開始です


066.jpg

基本的にはダウンヒルのコースですが線路沿いや車の少ない道を選んでひいた道は無駄にアップダウンを繰り返し全長60kmのショートコースでしたが最後は結構足にきてました


067.jpg

途中途中で撮影ポイントに着てタイミングを合わして列車を待ちます


069.jpg

自分で列車の時刻表は把握していなくてもそこで待ち構えている撮り鉄の人に聞けばちゃんと分かるので苦労はありません


列車が来るまでにここで待つのかこの次のポイントまで頑張って走るのかわその都度判断します


そうやってトーマスの写真はばっちり撮れましたw


060.jpg

ジェームスとの並走は単なる偶然だったのですが最高の思い出です


最後のC11とは会えることなく汽笛の音しか聞けませんでしたが全体としてはコースもよかったし申し分ないです


071.jpg

大井川を挟んで県道と国道が走っているのですがうまく使い分けて美味しいとこどりが出来たように思えます


塩郷のつり橋も渡りご機嫌ですが次回はこのつり橋の上からSLの撮影をしたいなぁ〜〜


078.jpg

自転車自体は千頭を1330ごろスタートして島田に1700着と極端に短い時間でしたが本当に楽しいライドが出来ました


081.jpg

今度は秋の紅葉シーズンとか春の桜のシーズンなんて走れたら楽しいだろうなw

無題.png


【関連する記事】
posted by KIKU at 10:31 | Comment(6) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

クエン酸効果

クエン酸摂取で糖(グリコーゲン)を節約して脂肪で走れるのか?


トライアスロンの世界では今話題になっているらしいのですがクエン酸を運動する30分〜60分前に体重あたり0.05g摂取すると運動初期から脂肪が燃焼して消費されるらしい


結果的に糖(グリコーゲン)の消費を抑えられて持続的に運動できる時間が増える


実験では適正な量(0.05/kg)のクエン酸を摂取すれば炭水化物(糖)の消費を20%抑制できるそうです

kuensan-500-1.jpg

マラソンレースで炭水化物の消費が20%節約できれば 理論的にはグリコーゲン枯渇からくる マラソンの35kmの壁はなくなることになります。


理屈の上では35kmで撃沈するようなペースで走っても42km走り切れる可能性があるということです


糖質の消費は乳酸を発生させることもあるので運動中はなるべく脂質を消費して糖質の消費を抑えることで乳酸の発生を抑止する必要があるわけです


そこでジャックダニエルズの乳酸性閾値走などを行ってLT値を向上する練習などをしているわけです


クエン酸を摂取することで一時的にLT値が向上するような働きがあるとすればそんな有難いことは無い


こんな有難い魔法の薬があるのか!??と疑いましたが試してみないと分からないので前回のランニングチームの練習で第一回目の人柱実験を敢行しました


この日は朝6時から総合公園で走ろうと思っていたので朝食ではバナナ1本だけでその他にクエン酸4g(0.05g×72kg≒4g)を摂取しました

2019437_1.jpg

薬局に行くとクエン酸は色々あるようですがクエン酸結晶とクエン酸無水と大きく分けて2種類あります


結晶には若干の水分が含まれているのか?純度が低く(96%程度)無水の方が高濃度です

4987286407128-1.jpg

私が購入したのは結晶だったので計算上は3.6gのクエン酸摂取ですが電子ばかりが1g単位なのもあってクエン酸結晶4gの摂取にしています


クエン酸を一気に4gを摂取するにはそのまま飲み込んでもいいし何か飲み物に溶かし込んでも構わないと思いますが強烈に酸っぱいのと、真偽のほどは分かりませんが歯を溶かすとか言われているのでトライアスリートの方たちはカプセルに入れて服用しているようです


牛乳に溶かせば飲むヨーグルト風味になるらしいですが個人的に牛乳も嫌いなので

08970301.jpg

薬局には空のカプセルも売っていますが0号カプセルだとだいたい1粒で約0.6g程度のクエン酸が入るそうです


1号だと約0.4gだとか


そのカプセルを大量に作り置きして使っている人が多いようですが私はまだ実験段階でカプセルを買っても使わなくなるかもしれないのでそこまでの買いものは避けました


それにカプセルにイチイチ詰め込む作業が想像しただけで憂鬱になったので

033_s01.jpg

で今回はクエン酸結晶50gとオブラートでちょっとだけ実験です


これでも12回は使えるので充分です


一つのオブラートに4gのクエン酸を入れて包むと結構な大きさでこれを飲み込めるのか?と疑問になりましたが気合いで何とかなるレベルでした


一気に胃の中にクエン酸を4g投入すると一時的に胃の中の酸性濃度が上昇するのか?カーッと胃があつくなってくるそうで、どう考えても胃に悪そうなので500ml程度の水もその際に飲むのが良いそうです


実際に私も500mlの水を飲みましたけど胃の痛みやムカつきは全くありませんでした


この日は服用したのが朝の530頃で総合公園で走りだしたのが600.でした


身体への影響はやはり20km程度では全く分かりませんでした


兎に角最初だったのでクエン酸を4g服用して走り出して腹痛などが無いかを試したかっただけなのでこれで実験は成功です

img01.jpg

自宅に帰ってふと気が付くと空腹感あまりないことに気が付きました


気分的な範疇の微細な事なので事の真相は分かりませんが糖質の消費を抑えてくれて空腹感が来なかったのかもしれません


朝ごはんも普段の日曜の練習よりは確実に量も取っていません


バナナ1本は自分的には無しですが、実験なのであえてその量だけで走りました


この実験からこれ以降の大会本番ではクエン酸を服用するようになりました


結果から言うとクエン酸を服用しても群馬県民マラソンでは30kmの壁が急激に訪れて撃沈

20130714172833.jpg

結果は30kmまでは5分のイーブンペースでしたがそこから一気にタイムロスして3時間38分でした


そのあとの湘南国際は最初からサブ3.5を狙わず走りほぼイーブンペースの3時間38

thFAQLWDX3.jpg

群馬と湘南は同じタイムでしたが走り終わった後の足の疲労感は雲泥の差


これはクエン酸とは関係なさそうで適正ペースで走った結果だと思う


そして勝田マラソンでついにサブ3.5を達成

51dKFQRgbbL._SY300_QL70_.jpg

5kmラップを終始24分台で走り切り3時間26分でゴール


この時もクエン酸を飲んで走っていますが効果の方は分かりませんが最後まで安定したラップで走った勝田と湘南ではゴールの後の空腹感は全くありませんでした

thLZKLVNMQ.jpg

群馬でも空腹感は無かったのかもしれないがそれ以上に足のダメージが酷くてそれどころじゃなかったのが本音


同じレースで比較はできないので真偽のほどは分かりませんが精神的には安心感はある


実はその後、クエン酸は大量に購入してしまったので使い続けないと消費できない()


今後も飲み続けていこうと思う

続きを読む
posted by KIKU at 10:11 | Comment(0) | ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

実家でまったり

お盆休みは千葉の実家でのんびり


今年は子供たちが成長してなかなか予定が合わず奥さんも子供をほってはおけず私一人での帰省


KIMG0059.JPG

久々に自転車もって帰省したのですが生憎の天気で全く走れませんでした


雨でもランは出来るので多少は走りましたが結局千葉でのランは60km程度でおしまし


KIMG0003.JPG

自転車は半日だけ乗ったのが2日間だったかな?


全部で50kmほど走ったけどほぼ散歩状態


KIMG0008.JPG

まぁ千葉ではがつがつ走る方が似合わないから散歩ポタで十分なんだけどね


スマホでカフェを探してその店の場所を確認する旅をして走ってました


KIMG0036.JPG

こんど皆で来るときの参考にしようかと思って


隠れ家カフェが山のようにあるw


まだもう少し散策が必要です^^

posted by KIKU at 11:11 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

三浦イチ部隊お見送り

86日の日曜日


この日は午後から外出予定だったので午前中しばり


友人のiichanがヤビツでナンパしたお友達と三浦イチするとかで、そのお見送りに行きました


IMG_20170806_080421.jpg

900時藤沢駅集合でしたがご一緒したかぜさんと一緒に江ノ島あたりを散歩しながらのんびり集合場所に向かいました


しかしこの日は朝からものすごい暑さの為自転車で走っていても汗が噴き出してくる


InkedIMG_20170806_074552_LI.jpg

江ノ島ですでにジャージはびしょ濡れでした


集合場所に着いた時には完全にグロッキーでした


ここから三浦イチに向かうルートになるのですが先頭のiichanが引くトレインはとても私が着いていくには速すぎてきつい


お見送りということで私は滑川ローソンまででしたが、フル参戦だとしても途中で絶対にギブアップしていたと思う


InkedIMG_20170806_085538_LI.jpg

皆さんと滑川で別れてからも暑くて途中で休んだり脇道でのんびり走ってりして帰路につきましたが滑川までのペースに体が悲鳴を上げていて稲村ケ崎で緊急ピットインしました


10時から開いてるお店でクールダウン1時間の11時まで体を冷ます


IMG_20170806_100257.jpg

後は1時間かけてのんびり平塚まで帰りました


60km程度のライドでしたがこれで十分

posted by KIKU at 17:38 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

310xtスマホと同期

私が使っているガーミン310xt


個人的には何の問題もないく使っていますがここ最近どうしても欲しい機能があります


それは最近のガーミンはワークアウトしてすぐに青歯でスマホと通信してスマホからガーミンコネクトモバイルに同期する形でデータを更新できること

garmin_ant_usbstick_10_m.jpg

310xtはUSB Ant+ Dongleを使用してPCのガーミンエキスプレスで同期してそのデータをガーミンコネクトにアップデートしている

Garmin-Express_1.png

つまり自宅に帰ってからではないとアップデートできないわけです


最近はみなさん最新のガーミンでランでも自転車でもその場でデータを上げているのでとても羨ましい

pic_21.jpg

なんとかスマホのアプリを駆使して310xtでもできないものかと試行錯誤


結果出来ました


ます310xtかたデータをダウンロードするためにはAnt+の信号しか発信していないのでスマホにANT Radio ServiceANT+ Plugins Serviceをグーグルプレイからインストールする

無題.png
1.png

これがUSB Ant+ Dongleの代わりになる


そしてPCではガーミンエキスプレスだがスマホではその代わりをするアプリがUploader for Garmin


しかし、このアプリ


スマホのグーグルプレイで検索してもらうとわかりますがヒットしません


PCかブラウザのグーグルプレイから検索すると出てきますがグーグルのアカウントなのかスマホ本体の情報なのか分かりませんが日本でこのアプリをダウンロードすることが出来ないようになっているんです

1.png

そこでPCでこのアプリをいったんダウンロードする

2.png

正確にはインストーラーをダウンロードしてドロップボックス内に保存する


今度はスマホでドロップボックスを開いて保存したインストーラーをクリックすればインストールが始まる

2.png
Screenshot_2017-07-31-10-04-00.png
Screenshot_2017-07-31-10-05-14.png
Screenshot_2017-07-31-10-05-23.png
Screenshot_2017-07-31-10-05-36.png
Screenshot_2017-07-31-10-05-42.png
Screenshot_2017-07-31-10-05-49.png
Screenshot_2017-07-31-10-06-33.png

ただ無料版では制限がかかってガーミン内の任意のデータ一つしかアップロードできないのでガーミン内のデータを整理して一度空にしてからワークアウトしてガーミン内のデータが一つしかない状態にしておかないといけない


それじゃあまりにも不便


仕方がないのでペイパルで有料版に格上げしました


この方法で310xtとスマホの同期に成功して非常に満足


まだまだこの310xtは使えそうだし長く付き合っていけるw

続きを読む
posted by KIKU at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

裏ヤビツでノンビリライド

729日の土曜は裏ヤビツに行ってきました


032.jpg

この日は予てより友人と富士スバルラインに行く予定でしたがあいにくの天気で断念


山の天気は怖いのですがせっかくの休日なので近場を走ろうとなり裏ヤビツに向かうことに


001.jpg

ご一緒してくださったのは私のラン友達で自転車も乗られている こぼさんとはるちゃん


このお二人ランナーとしては超変態で100kmとかのウルトラマラソン走っちゃう両名


027.jpg

ですが自転車では100km未経験だと言うので富士山走れない代わりにその夢をか逢えましょうとなりまして


005.jpg

はるちゃんはまだフラペなのでそんなにきつい坂も登れないし一日楽しく走れないだろうと思い裏ヤビツの選択でしたが正解でしたねw


伊勢原駅前から土山峠越えて宮ヶ瀬登って裏ヤビツを走る定番ルートですが何回走ってもこのルートは気持ちいいですね


012.jpg

宮ヶ瀬ダムは雨不足でカラカラに干上がっていますがこの水飲むのは横浜とか横須賀の人です


016.jpg

平塚市民は川の水を組み上げて飲んでいるので・・・・


裏ヤビツは外界とは違って本当に涼しい


008.jpg

ここはなんでこんなに涼しいのか???


標高はそんなに高くないしいつも不思議ですが気温23℃を表示してました


018.jpg

途中で休憩はさみながらノンビリ登る裏ヤビツ


あくせく登っているローディーが多かったけど沢の音や鳥や虫の鳴き声を聞きながら会話を楽しんで上りました


022.jpg

過去ログで調べてみたけど裏ヤビツ登るのって2年ぶりみたい


気まぐれ喫茶でマッタリ


028.jpg

ケーキセット500円はコスパ高いよね〜〜〜


ここから峠までが裏ヤビツで一番きついところだからここでの休憩はとても助かります


031.jpg

峠で記念写真撮ってそのまま表をダウンヒル


この先のランチ場所を目指します


でもここから雨が降り出してびしょ濡れ


もう上りはないから良いんだけど


246かわして裏道走ってランチの目的地は言わずも知れたみやこ食堂


036.jpg

安定の鉄板焼肉定食(ニンニク多め)


この味に外れなはないよねぇ〜〜〜


035.jpg

満腹になって休憩バッチリで今度はデザートポイントに向かいます


酒匂川から1号線走ってこれまた安定の山小屋さん


037.jpg

今回のパフェの組み合わせは


039.jpg

マロンアイス・マロン・マロンクリーム・ミックスナッツのパターン^^


042.jpg

本日の珈琲はモカ


うましw


で楽しく走ってお喋りして食べて大満足な100kmライドとなりました


023.jpg

お二人もダメージは無く笑顔で解散


また一緒に走りましょう

無題.png
posted by KIKU at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ぐりさんプレゼンツ スバルライン



717日の月曜日は富士山に行ってきました


IMG_9087.jpg

3連休の最終日でどんなプランで遊ぼうか悩んでいたところに千葉のぐらさんから冗談めいたお誘いがあったので迷わず便乗


北麓公園に8時集合なのですが輪行じゃ絶対に到着不可能な時間


車で向かうには使用届を出していないので家庭での峠が厳しい


IMG_9077.jpg

過去にも経験がないわけじゃないしここは自走で向かうことにしました


過去ログ調べてみたけどスバルライン自走で行ったのは2013年のことでした


その時は5時間30分で十分休憩しながら走っていたのでソロでそんなに休まないで走れば5時間かな?とおもって自宅を3時にスタートしました


IMG_9073.jpg

駿河小山までは休憩なしで走りコンビニで朝食とって再スタート


この日は夜明け前の大磯あたりでまさかの雨にあたるなど天候に問題ありでした


夜が明けてきても富士山は雲の中で全く見えなかったのですが246を越える手前あたりから雲が薄くなり富士山が顔を出してきました


Fotor_150024070296344.jpg

今年も富士山晴天率は良いようです^^


4年前から比べると脚力は随分落ちているようで5時間の行程で見ていた往路ですが間に合いそうもない・・・


IMG_9141.jpg

篭坂峠も頑張って登って休むことなくそのままダウンヒルし富士山北麓公園を目指します


結局15分遅刻の815に現地に到着


次回は6時間程度見てないと危険ですね


IMG_9094.jpg

本日のメンバーはぐりさん・ぐらさん・おはるさんの親子三名に


部長さん・ひろさん・げんぞうさん・それと私の7名です


IMG_9110.jpg

ぐらさんとおはるさんは数年前に2合目までで断念した過去がありそのリベンジです


この女性二人が一緒に登る話だったので私も安心して自走で来られたわけです


当然ペースはゆっくりです^^


IMG_9099.jpg

料金所を越えていよいよスタート


しかしぐらさんもおはるさんも順調に上る


IMG_9102.jpg

ペダリングも軽くしかも一定で安定している


こりゃ全く問題なさそうだねw


途中メンバーに増減がありましたが全体としては順調に5合目を目指して走ります


IMG_9104.jpg

1合目通過時点では私とミニベロのぐりさんは最後尾で本体から遅れていましたが途中からぐりさんが異常にペースアップして前を行くほかの集団(ローディー)を次々と抜いていきます


IMG_9118.jpg

本人もその快感が面白くなったようで全く手を抜かずすごいスピードで坂を上り随分先を行っていた本体に1合目を過ぎたところで合流できました


IMG_9115.jpg

私はここからぐらさん・おはるさんと一緒にマッタリ登りましたがスイッチの入ったぐりさんはこの先も一人でどんどん先に行ってしまいました


oajdg5Rv.jpg

2合目からは楽しく記念撮影しながら登ります


やっぱり富士ヒルはこんな風に楽しまないとねw


IMG_9105.jpg

樹海駐車場で先を行っていた男性陣は我々を待っていてくれていましてここでも休憩しながら景色を楽しみました


ここでぐらさん・おはるさんは自己記録更新です!


ようこそ1600m以上の世界へ^^


IMG_9106.jpg

結局この日は山頂がずーっと見られて登れば下界も見渡せるし、その上良い感じで雲が太陽を遮り暑くもなく絶好の夏ヒルクライム日和でしたね


20180027_721283874725990_1495568028_o.jpg

3合目の看板ではトライアスリートなお二人が親切に写真を撮ってくれました


完全にガチな恰好で登っている二人なのですがペースがすごく遅くて不思議な感じの二人でしたね


IMG_9121.jpg

大澤駐車場で売店開いているかと思ったらマイカー規制中でバスが止まらないからか?営業していませんでしたね


自販機はあるので困りはしませんが祭日なのにがらんとした駐車場は不思議な感じがしました


このあたりからぐらさんも足が辛そう


CdJKUn9t.jpg

しかしぐらさんのバッグからはドラえもんのポケットのように色んなお菓子が出てくる出てくる()


少し休んでから再スタート


IMG_9122.jpg
yEX2IfQA.jpg

5合目前の最後の看板の4合目看板で記念撮影して本大会での山岳スプリント区間も難なく通過


IMG_9124.jpg

奥庭駐車場もサクッと越えてご褒美のフラット区間に突入です


IMG_9127.jpg

最後の難所の坂を越えてついに5合目到着


IMG_9135.jpg

新たに富士ヒルクライマーの称号を手にした美人親子と一緒に記念撮影


IMG_9128.jpg

やっと着いた5合目でみんなと楽しみたかったのですが自走の私は帰りの時間が心配


残念ですがここで皆さんとはお別れしてダッシュで帰路につきます


IMG_9146.jpg

この時点で1時だったので帰宅は急いでも19時頃になっちゃうのかな??と想像しながら


しかし私のガーミン310xtはバッテリー寿命が16時間だと説明書には書いてある


もう何年も使っているのでバッテリーの経年劣化をを考えると1415時間か??とも考えられる


20180095_721283718059339_80001078_o.jpg

スタートが3時だったので1718時にはバッテリーが空になるのか?と不安


出来れば最後までちゃんとログを採りたいのが親心


液晶画面にローバッテリーの文字が出ないかひやひやしながら自宅に向かってひた走る


20196322_721283958059315_848619098_o.jpg

なんとか18時に帰宅してバッテリーはセーフ


自宅で残量確認したら残り8%の表示


8%がどれだけの時間稼働するのか分かりませんが単純に15時間のログを採ってバッテリー消費量の92%で割り戻すと100%で

16.3時間となる


20182229_721283781392666_788313215_o.jpg

なんかまだまだバッテリーは大丈夫みたいね^^


今日はとっても楽しい一日を過ごせました


IMG_9086.jpg

ぐりさん!また誘ってねw


さぁ富士山は次回は7/29にまたまた登りますよんwww


1.png

posted by KIKU at 10:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村