2020年05月28日

FSA クランク抜き

先日シクロクロスのTCXのハブメンテをした時


ついでにBB外して掃除しようかと思い初めてTCXのクランクを抜こうと挑戦した


FSAのクランクが付いているTCXだがどうやって抜くのかよくわからない


ネットで調べてみたらとても簡単で10mmアーレンキーで正回転方向で回すだけ


なーんだとアーレンキー使ってクランクボルト緩めてみたんだけどボルトが緩んだだけで外れない

DSC_0583.jpg

ボルトが緩む過程でボルトキャップみたいなものが緩んで抜けてくるボルトの頭の圧力に負けて割れてた

DSC_0582.jpg

経年劣化が酷かったのか?


なんだかよくわからずまたまたネットで調べてみるとどうやら割れたボルトキャップが重要だったらしい


ボルトは正ネジでボルトキャップが逆ネジの構造になっていて正ネジのボルトが抜ける力を逆ネジのキャップが押さえ込んでキャップに引かれるようにクランク本体が抜けてくる仕組みのようだ


このキャップが無いとどうやってもクランクは抜けないらしくネットでは結局クランクを切断して破壊している人までいる


こりゃ困ったとその日はハブメンテだけにしてクランクボルトキャップを注文した


色々調べてみたがこの商品足元を見るような商売しているのか?と疑いたくなる値段設定


こんなものが1000円もした


しかしこれがないと何も始まらないので注文し到着までに2週間

DSC_0577.jpg

販売元は東京なのに・・・・


買った製品の正式名称は


FSA(エフエスエー) ML247(逆ネジ) クランクキャップ


金属パッキンが二枚も入っている理由がよくわからないがこれでクランクが抜けると一安心

DSC_0578.jpg

この二枚のパッキンは微妙に厚みが違うものでどうやって使うのか???

DSC_0580.jpg
DSC_0581.jpg

キャップ自体は製品名でもあるが逆ネジになっている

DSC_0579.jpg

キャップを締め込むためには本体の小さな穴にハマるような専用工具が必要らしい


FSA MegaExo Crank bolt Lockring Tool ピン外し工具

21aJmyaYGqL._AC_.jpg

送料込みで9500円だって(笑)


買いませんww


ようはクランクが抜ければ問題ないのでここは手締めでキャップを締め込んでいきます

DSC_0584.jpg

でもやっぱり手締めじゃ閉まり切らないでここが限界

DSC_0585.jpg

まぁクランク抜くだけなので中途半端でも気にしません

DSC_0586.jpg

で、この状態でクランクボルトを回していくと


今までの苦労が何だったのか?ってくらい簡単にクランクがヌルヌルと抜けてきました

DSC_0587.jpg

これで圧入のFSA BB-AL86 φ19 が顔を出しました

DSC_0589.jpg

週末はこのBBのシールドベアリングをグリスアップしてみようかなぁ〜〜

posted by KIKU at 10:19 | Comment(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村