2013年04月28日

kame3プレゼンツ冒険(御岳昇仙峡)




428日の日曜日は山梨県の甲府地方を走って来ました



040.jpg

予てよりAdagioのメンバーでkame3が企画した冒険ライドに参加して来ました



この冒険ライドは何度となく行われていますが私は初参加



かなり過酷なコース設定で近寄らないようにしていましたが魔が差して参加してしまいました



コースもさる事ながら時間設定も過酷で始発の電車で行かないと間に合わない



前日は奥さんとオペラ座の怪人を観劇に行きましたが、即効で自宅に帰ってご就寝



2013-04-27 11.13.38.jpg

4時台の東海道線で川崎まで出て南武線で立川まで、そこから中央本線で甲府を目指して輪行です



003.jpg

窓の向こうには富士山がくっきり見えて本当に天気良く最高な朝でした



006.jpg

待ち合わせの甲府駅には皆集合してました



kame3joyさん、グッチさん、のりおさん、たくないさん、それから私



007.jpg

本当はユーノさんとMAKIさんが一緒のはずでしたが高速道路の渋滞で遅れるそうなので我々だけでスタートです



多分ユーノさんとMAKIさんは別ルートで途中合流かな?



甲府駅からまっすぐ武田神社までの道は緩やかで適度な坂道



とても気持ちのいいスタートがきれましたが、楽しいのはここまででした



011.jpg

その後は徐々に勾配がきつくなっていきます



道は広く農道なのかな?のどかな風景が続く道でしたが、スターから5km過ぎにある積翠寺を過ぎて要害ホテルのカンバを過ぎてからの1.5kmの区間は化け物みたいな坂道でした



014.jpg

兎に角キツイ!!



2.png

私は残念ですが足つきしてしまいまして、その後押し歩きを30



この時ほどSPDで良かったと思ったことはありませんでした



015.jpg

しかし他のメンバーは苦しみながらもこの激坂区間をコンプリート



奴らはバケモノですよ、私はこの時点で今日は何処でDNF宣言するかを考え始めていました。



スタートして7kmしか走っていないのに(笑)



その後も決して勾配は緩くならず1015%辺りを延々と登らされやっとの思いで着いた太良ケ峠で休憩



018.jpg

坂は辛いのですが、このルートは景色最高でず〜っと富士山と南アルプスの山々が見えこの景色だけでも来た甲斐があるって感じちゃいます



029.jpg

その後も容赦なく坂道は続きまして、みんなはスイスイ行くのですが私が大ブレーキで全くペースが上がりません



何回かアップダウンを繰り返しながら高度を上げていき本日最初のピーク地点に到着



038.jpg

スタートが約300mでここが1700mなので1400m上がったことになりますが930スタートでこの時点で1230



たった30km走るのに3時間かかってしまいました



024.jpg

しかしここは甲斐の国の山奥でコンビニどころか自販機も何もない場所



湧き水もない道では水分補給すら出来ず疲労困憊ですが先を急ぎます



10kmダウンヒルをして600m下ってから次のピーク木賊峠を目指します



本当は木賊峠行かないでショートカットしようよ!とこの時点で懇願しましたが受け入れてもらえず渋々とまた坂を登って行きました



050.jpg

この峠道も疲れきった身体には申し分の無い坂道でかなりガツンと来ました



途中の脇道で先を行く皆さんたちが休憩してくれていたので追いつくことが出来ましたが再スタート後はアッという間に見えなくなっちゃった



032.jpg

やっとの思いでたどり着いた木賊峠で時計を見れば1410



予定の距離は120km走るのですがスタートから5時間で50kmですよ



このまま予定通り走ると単純計算でゴールは夜9時回る勢い



ここで皆さんに最後のお願いをして何とかコース変更でここから直接ゴールの甲府駅を目指していただけることになりました



039.jpg

とそこへユーノさんが登場!!



え!?



話を聞けば私達よりも1時間遅れでスタートしてここで追いついてきたそうです



なんて豪脚なんですか!



まだまだ元気で走る気満々のユーノさんですが私の脚の事情説明をさせて頂きご理解してもらいコース変更に従ってもらいました



で、ここからさらにダウンヒルをしてやっと現れた自販機でドリンク休憩



実にスタートから6時間程経過して初めての自販機(笑)



041.jpg

でも6時間走っても距離は60kmしか走ってないんですけどね



ここからは駅に向かって一直線なのでさっきまでぐったりしていた私ですが元気百倍と言いたいところですが、坂道は現れると一気にシュンとしてしまいます



最後の坂道を登りきり金桜神社で金運祈願のお参りをしてMAKIさんの待つ昇仙峡へ



045.jpg

MAKIさんは単独で甲府駅から昇仙峡ライドをしていたのですが、金桜神社まで迎えに来てくれていたのですが私のスローペースのせいで時間が合わず昇仙峡まで下り返して観光してるみたいでした



昇仙峡のお店で食事しがてらMAKIさんと待ち合わせして、みんなでお食事タイム



047.jpg

私はほうとうを頂きましたがとっても美味しくお腹も満足でした



048.jpg

楽しいおしゃべりも出来て最後に来て元気を取り戻しここから一気に甲府駅まで坂を下ります



049.jpg

途中で甲府盆地と富士山がとっても綺麗でプチ感動



052.jpg

で終わってみれば91kmで獲得標高2400mとは恐れ入りました



皆さん今日は亀脚な私にお付き合いして頂きありがとうございました!



055.jpg

修行が足りませんでしたが、修行する気はありません(爆)


1.png

【関連する記事】
posted by KIKU at 23:32 | Comment(7) | TrackBack(0) | Adagio cycling team | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KIKUさんをもってしてもギブアップとは・・・

考え方がどう変わったのか気になります(笑)
Posted by パンチ at 2013年04月29日 20:13
いやいやお疲れ様でした。
これまた変態コースですね。
KIKUさんの懇願してる顔が目に浮かびます(笑)
Posted by cocosuke at 2013年04月29日 20:25
おつかれさまー。

昨日のKIKUさんは幾らなんでも荷物持ちすぎ。
最後の金桜神社への登りは、背中の食糧が減ったからか、それまでと違って速かったし。

また、行きましょうね。
Posted by kame3 at 2013年04月29日 20:30
恐るべしAdagioのメンバー(>_<)
ご無事の帰還お疲れ様でした〜。
Posted by Para at 2013年04月29日 21:06
お疲れ様でした!
あのリュックは苦行以外の何物でもありませんね(笑)
次回はメインバイク&リュックなしでリベンジしましょう。
Posted by のりお at 2013年04月30日 01:08
登山のような荷物抱えてご苦労様でした

kikuさんがねをあげるとは恐るべしkame3 !
Posted by kiki at 2013年04月30日 09:33
パンチさん
私をもってしてもとか言わないでください
このメンバーはとんでもないです(T_T)
考え方は今後の走りに現れます。
基本ゆるポタですよ(笑)



cocosukeさん
ある意味あざみよりきついコースです
山梨県が怖くなりました


kame3
荷物いっぱい持っていて言い訳がききよかったです
空荷だったら言い訳きかないもんね



Paraさん
チームを辞めようかと・・・・



のりおさん
リュック無しだと逆にハンガーノックで死んじゃう!


kikiさん
バックパックを10リットルから20リットルに替えたんだけど、びっくりするくらいいろんなものが入ります(笑)
Posted by KIKU at 2013年04月30日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村