2010年04月07日

ビアンキ事故

先日スペースシャトルのディスカバリーが山崎直子さんを乗せて宇宙に飛び立ちましたね。

このスペースシャトルは今回を含めて残り4回のフライトでその役目を終えるそうです。

当時この計画が発足した時は何回も宇宙を行き来する、この宇宙船は経費的にもお得な宇宙船だったと記憶していますが、1986年のチャレンジャー爆発事故以降、安全性に疑問視されたスペースシャトルはかなりの予算を安全技術の向上に費やしてきました。

結果経費的にお得だったはずのこの計画は費用対効果で見るとかなりの高コストであると判断され中止を余儀なくさたようです。

     
 
 ↓↓菜の花とR2は良く合います
変換 〜 DSC_0034.jpg


自転車の世界でも規模は違いますがやはり事故は多く存在しまた技術的な向上もかなり見受けられますが、その中でも先日報道がされたビアンキの転倒事故は痛ましい物でしたね。

平たんな路上で前輪が本体のサスペンション部分から脱落したため、前のめりに転倒。頸椎損傷で首から下がほぼまひし、介護が必要と報道がありました。   この事故が起きた自転車は私も乗っていますが最近流行のクロスバイクですね。 サスペンション付きのタイプですから重量的にはあるのでスポーツ志向というよりはシティーサイクル的なバイクではないかと思います。民間の調査会社の話によるとサスペンション内部にたまった水が外部に排出されず、そのサスペンションと直接つながっていた左右のスプリング2本が腐食し折れたのが原因という。   
 


 ↓↓今度夜桜でも撮りに行こうかな?
DSC_0078.jpg


被害者は「メンテナンスは十分してきた。同じ自転車に乗っている人が事故に遭わないようにしてほしい」と話しているそうだが、どの程度のメンテなのか??真相は分からない。

メーカーは雨ざらしで何年も大丈夫な構造の自転車を製造することが求められるのでしょうか?


 

 ↓↓ヨットのオーナーってやっぱりヒゲはやしてるのかなぁ?
P3192618.jpg

またユーザーは何処までのメンテナンスをすればいいのでしょうか?

スポーツバイクに乗られる方の多くがメンテを充分?にして自転車生活を満喫している方々がほとんどだと被いますが、一部にそうでもない方もいられるのは事実だと思います。

   



  ↓↓子供乗る自転車のメンテナンスはしっかりと!!
DSC_0101.jpg


また私の愛車ジャイアントエスケープR2も代表的な安価なクロスバイクの一つに数えられますが、安いと言うことは使われている部品もそれなりと言うことにほかなりません。そのことを良く理解して自転車に乗らないと痛い目にあうのは自分です。 まぁこの自転車業界では高い=丈夫ではありませんので、なんともいえませんがね。

逆に高い自転車ほど、よりデリケートな仕上がりになっているので余計にメンテは大変だと思いますが・・

最後にこの被害者のコメントで台湾製なんて聞いていないという被害者の方の言い分にはビックリしましたが・・・・・

【関連する記事】
posted by KIKU at 05:00 | Comment(38) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
 
 スピードが出ないママチャリならともかく、高速で走行することができるクロスバイクやロードバイクは、自分の身を守るためにも、メンテナンスには労を惜しむべきではないでしょうね。
 昨日も、時速50kmくらいで下り坂を駆け下りるとき、「もしここで自転車が壊れて転倒したら・・」と考えると、メンテナンスはこまめにしておかなければならないと思います。
 ちなみに、こないだ行った自転車屋さんの前においてあったビアンキの段ボール箱には、メイドイン台湾と書いてありました。
 イタリアよりも台湾の方が品質は良いみたいですよ。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
Posted by たーちゃん at 2010年04月07日 05:12
事故をした人は台湾製だから品質が悪いといわんばかりでした。
怪我自体は同情してしまいますが、どうも全面的に応援できそうもありません・・・
Posted by KIKU at 2010年04月07日 05:33
こんにちは〜。
私もちょいと記事にしましたが、その事故を大きく扱ったTV報道(報道特集でしたか?)を視ていませんのでなんとも。
> 台湾製だから品質が悪い
一括りにしては行けないですよね、でも、そうした先入観(優越感といっても良いと思います)を持ってる日本人は多いと思います。大多数かも知れない。私のは2台とも台湾製ですが。

たーちゃんさんの云われる
> イタリアよりも台湾の方が品質は良い
ってのには笑っちゃいました(^^)。
イメージとしては私もそう思いますよ。

Posted by ZZ at 2010年04月07日 06:28
おはようございます。
車もそうですが自転車も自分の命を乗せて走るわけですから何らかのメンテナンスは必要ですね。

私のコルナゴも台湾製(ジャイアントの工場と聞いています)です。
自転車にシールが貼ってありますし、品質も問題ないと思います。
Posted by ひろじ〜 at 2010年04月07日 06:34
おはようです。う〜ん、痛ましい事故ですね。

其の方がどういう意味で「台湾製と聞いてない」と言ったのか?その真意は分かりませんが。

ビアだからイタ車と思っていたのでしょうか?でも今の時代にOEMは当たり前です。

世界最大の自転車メーカーのGIANTの本拠地です。自転車製造技術に関して先進国。

殆どの自転車ブランドは台湾製です。中国製(オイラのダホンも含む)なら品質の問題で理解できますが(汗)

車と同じで乗る前に自分で簡単な点検は必要でしょうね?でも今回の事故は自転車自体(メーカー)にも責任があると思います。

KIKUさんのR2は安価なクロスバイクではありません。GIANTだから出来る価格なのです。

他のメーカーなら10万近くはすると思います。立派なクロスバイクです、胸を張って下さい。

Posted by JACKS at 2010年04月07日 07:49
おはようございます。

ビアンキの事故は、他人ごとではないですね・・・
どこまでメンテナンスすれば十分なのか。

難しいですね。

おかしいな・・・と思ったら、
自転車屋さんに見てもらう・・・ぐらいしか思いつかないです。

Posted by 湖の青 at 2010年04月07日 08:09
ZZさんこんにちは
イタリア製で品質のいいものといえば布地を一番最初に思い出しますね。
機械類は個人的には信用していません。
中国本土と台湾では違うと思っていますが、間違ってますかね??
Posted by KIKU at 2010年04月07日 08:17
ひろじ〜さんこんにちは
台湾製は高品質ですよ。以前1980年代にはアジアNIESも一員としてアジア経済を引っ張っていきました。
今のBRICsよりも先の時代ですもんね。
台湾はその頃から信用性がかなりあります。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 08:39
JACKSさんこんにちは
中国も今ではそうとう高品質ですよね?!
台湾ほどの国際信用性は無いものの、かなりの品質向上を成し遂げています。
クロスバイク(サスペンションの無いタイプ)はもしかしたら一番丈夫な自転車かも知れませんね?GIANTは偉い!!でも最初はイタリアのギアントってメーカーかと思ってました・・・・・
Posted by KIKU at 2010年04月07日 08:43
湖の青さんこんにちは
本当に何処までが自己責任の範疇に入ってくるのか??
裁判の行方を見守るしかありませんが、仕組みが難しくなればなるほどメンテが大変になってきますね。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 08:45
おはようございます。

この話題、結構いろんなところで
出てきますね。

本件とは離れますが、
これだけ氾濫(メーカ純正ではないモデル)して
しまうと、メーカとしても責任負えないですよ。

完成車売りして、そのまま乗っておられる内は
いいですが、コンポを組み替えたり、ショップ
オリジナル売りとか、おいらみたいにフレーム買い
して、個人で組み上げて乗っていて、フォークが
折れたと訴えても、メーカとしては困るわけです。

ショップにてメンテナンスしてもらって、お墨付き
貰っていればショップが保障するでしょうが、
基本的にスポーツバイクっていうものに乗っている
方々の多くはは、自己責任で走らざるを得ないと
思います。

安易に走らせると痛い目に遭う、一つの例かと
思いますが、いかがですかね〜。
Posted by Siru at 2010年04月07日 08:49
Siruさんこんにちは
私も基本的にはそう思いますが・・・
今回の事故ではあまりにも怪我が酷すぎてその点は同情せざる終えません。
それだけに複雑な心境です。 逆に言うと私も含めて何も分からないでこういったスポーツバイクが手に入るのでそこを何とかしないといけないかもしれません。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 08:55
そのビアンキの自転車はネット通販で購入して、自転車通勤で6年間乗ってたそうですよ。

たぶん趣味で休日に乗ったりする事はなくて、ママチャリ感覚で通勤用に乗ってたんでしょうね。

一般の人は自転車のメンテとかしないですからね〜その人の言うメンテと私たちたちのメンテだと感覚が違うんでしょうね。
Posted by kazu at 2010年04月07日 14:11
kazuさんこんにちは
そこが私もこの当事者に同情できない所なんです。
ただ自転車には何もそこまでの注意事項はなく(あっても気が付かない)乗る人によってはこのような事が起きても仕方が無いのでは?と思っています。
当事者全ての人(本人・メーカー等)にほぼ等しく過失がありそうだと思います。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 14:38
私はこないだこの件の報道特殊を途中から見たのですが
この方
オークションで2002年に中古を購入されたという形で紹介されていました。
6年間乗ったということは2008年に事故があったということみたいですね。

こうなると自己責任ということになってしまいますね。
今のショップのあり方にもあると思います。
完成車を横流しで販売。

私のアンカーF9もエンドのねじが脱落するという珍事件もあるくらいです。
ねじは緩むものです。

こういう意味でもメンテは必要なのです。
それこそオーバーホールも必要なのです。
自転車に命をかけて乗っているという意識が重要だと思います。
そうすればおのずとどういう管理をしなければならないか分ってくると思います。

自転車にも車検のような制度が必要なのかもしれませんね。(乗りにくくなってしまいますね。)

誰でも乗れるという自転車の位置づけもいかがなものなのかとなってしまいますね。

この件に関してもいろいろな諸条件が問題になりそうですね。

ちなみに自転車は雨に濡れたり、自転車を水で掃除したりするとBBのところに少なからず水がたまります。
そしてその部分が錆びの原因になるようです。
Posted by まっくろくろすけ at 2010年04月07日 19:00
まっくろくろすけさんこんにちは
自転車は幅広い層が乗る乗り物なので、一概にこうだとはいえませんが、メーカーサイドの横のつながりを含めた体質もいけないところはありますし、ユーザー側も乗り方やメンテに問題がありそうです。
怪我の度合いがあまりにも酷いので感情的にならざるをえないと思いますが、ちょっと悲しくなるニュースですね。
BBにに水がたまるのですか!? 私は自転車を自宅なのかに入れられないのでカバーをして屋外で保管していますのでBBはまめに分解点検するようにします。
ご助言ありがとうございます。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 19:25
いつもながらの綺麗な写真でうらやましい限りです。
構図が抜群にいいです。

事故の話は良く知らないので、コメントをさけますが、買ってすぐのトラブルならメーカー責任もありでしょうが、そうでなければ整備不良の自己責任って感じがしますね。

はたして、どんな状態だったんでしょうか。
Posted by めばる君 at 2010年04月07日 19:45
こんばんは、いつも夫がお世話になっております。
私も学生時代はチャリ部だったので、家族で自転車に乗りますが、メンテナンスって大事ですね。ヘルメット、グローブは最近買い揃えました。メンテはもっぱら夫任せですが(^^;)

四国のおでんですが、関西風の薄いだしのおでんで、からしか酢味噌をつけて食べます。
Posted by hayazou2002(みぽりん) at 2010年04月07日 19:50
こんばんは。
 私もこの件について記事にしてしまいました。
少し皆さんと違う意見になっていますが‥。
これも一つの考えだと思っていただければ。
Posted by ケント at 2010年04月07日 20:37
この件に関して、いろんな意見があるようですね。

ユーザーのメンテ不足が原因ではないかという意見が多くあるようですが、私の率直な感想としてはメーカー側(自転車を設計したメーカー&ビアンキ)も大いに責任があると思ってしまいました。

例えば、この事故が自転車ではなく、車検がない250cc以下のオートバイだったら、皆さんの意見はどうだったでしょう??やはりユーザーの整備不良でかたづけられるもんだったのでしょうか?

TBSの報道特集の動画は、私のブログに貼ってあります。
興味のある方はどうぞ〜。

Posted by ぐり at 2010年04月07日 21:08
こんばんわー
その事故は怖いですよねー。でも普通に整備していればあんなことにはならないと思いますけどね。

Escapeは安物バイクじゃないですよ。Giantだから出来る価格ですわ!
Posted by ひろ at 2010年04月07日 21:08
同じビアンキ乗りとしては、何ともいえないニュースですね。
今回の事故はビアンキに関わらず、全てのメーカーに言える事なんでしょうけど。

ただ、今回の事故で気になったのは、ネットでバイクを購入したらしい(?)事。
自分で全てのメンテや調整が出来る人だったなら何も思いませんが。
普通、サスペンションの中までは自分でメンテできないでしょ。
車のように車検はありませんから、ショップとの付き合いも含め、お店での定期的な点検は必要じゃないかなと思います。

今回の訴訟で自転車業界におかしな規制がかかる事が心配ですね。

Posted by JUN at 2010年04月07日 21:19
めばる君さんこんにちは
いやいや とんでもない
わたし今回のめばる君さんの最後の写真 大阪焼のお店に並ぶ奥さんと息子さんの写真がすきです。
奥の薄暗い桜が何とも良いですし屋台の中だけが明るい感じも良いですね!!
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:19
hayazou2002(みぽりん)さんこんにちは
家族で自転車乗るんですか!! 私の究極の目標です!!しかも自転車部だったんですか!ビックリの連続です!
関西風の物は基本的にこちら関東ではほとんど食べられるところがありませんので、一度食べてみたいものです。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:23
ケントさんこんにちは
ブログ拝見させていただきました。 十人十色で良いと思います。今回の事故?には正解がないと思います。
恐らく被害者加害者が存在するならそのすべて全員に重大な過失があるとお見ます。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:28
ぐりさんこんにちは
私も同感です。
今回の事故?事件?は双方ともに重大な過失があると思います。
ただビアンキの今回の事故が多発してる事ならまだ分かるのですが、基本的には今回の事故以外はまだ聞かない話です。プリウスの事故の様に後からどんどん出てくる話もなさそうですし・・・・・・
まぁプリウスの場合はねつ造が多いですが。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:33
ひろさんこんにちは
普通の整備がどこまでなのかが分かりません。
少なくともサスペンションの中まで確認する物なのでしょうか? 私はサス付きの自転車には乗った事が無いので・・・・
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:37
JUNさんこんにちは
今回の被害者さんは自転車の予備知識が左程なく自転車に乗られていたのでしょうが、それがふつうだと思います。自転車をそうやってママチャリのごとく購入してまた乗る事が簡単に出来てしまうのですから。
例えばロードバイクをマナー違反なんて言えないとんでもない走り方をして乗ってるひとも実際います。
そんな人たちが今回の様な寺事故を起こすのでは?と考えてしまいます。
Posted by KIKU at 2010年04月07日 21:45
菜の花の黄色とグリーンがよく合いますよね(^-^)b

bianchiの事故、他人事ではないですね。
車と違い二輪は体がむき出しなので 事故=大きなダメージ
ボクも気をつけないといけないなぁと思いました。

Posted by R3 at 2010年04月07日 22:33
一面の菜の花、綺麗ですね。

ビアンキの事故に遭われた方は本当に気の毒だと思いました。
素人ではサスペンションの構造まで想定できないので、
販売時にせめてサスペンションの腐食の問題を注意するか、
サスペンションがボルト付きのものであれば、
事故を防げたかもしれないと思うと、とても残念に思います。
せめて見える場所であれば腐食に気づけたかもしれませんし、
サスペンションの構造も二重の安全性を考慮するべきであったと
私は思います。
Posted by くろばい at 2010年04月07日 23:11
R3さんこんにちは
R2のグリーンは自然に溶け込みやすいので写真が楽しくなってきました。
Posted by KIKU at 2010年04月08日 00:10
くろばいさんこんにちは
メーカー側はくろばいさんのおっしゃる通りの事をすれば今回の事故は防げたと思います。一つの原因はまさにそこにあると思います。
Posted by KIKU at 2010年04月08日 00:12
KIKUさんこんばんは♪

ビアンキと聞いて…。


フロントサスのクロスバイクって事ですが、
ワタクシもフロントサスのMTBを通勤に使っております!!

アウターチューブがインナーから脱落するなんて事が起こるのかなぁ?
中のスプリングが腐食したからと言ってもアウターが抜けて前のめりに転倒って有り得るんすかね?

フロントサスがフルボトム状態になってしまって転倒ならまだわかりますが…。
ホントのところどうなのか知りたいっすよねぇ?

怪我された方は大変気の毒だと思いますが…。
Posted by MIRAI at 2010年04月08日 00:58
MIRAIさんこんにちは
そうですかスロントサスのMTBですか!
なにはともあれちゃんと確認した方がいいかもしれませんね!
何か大事があってからでは遅いですから。
ショップの人に相談してもいいのでは?と思います。
面倒での一度確認した方が良いですよ!!
Posted by KIKU at 2010年04月08日 01:22
自転車のメンテナンスは自分でやった為に不具合を出すこともあるので難しいところでもありますが最低限は自分で判断できないと怖いですよね。

馴染みの自転車屋さん曰く、世界的自転車ブームで価格競争により、ほとんどのメーカーが信頼できないと言ってましたが・・・悲しい状況です。

自力で判断できるメンテナンス能力は持っているほうが安全ですね。
Posted by aki at 2010年04月08日 02:19
akiさんこんにちは
台湾の安価な製造単価が他のメーカーの製造コストを押し下げ結果以前よりも品質の悪い製品が出来ているのでしょうか? 台湾の物も低品質なのでしょうかね?
Posted by KIKU at 2010年04月08日 09:09
一言、『自己責任』だと思います。
腐食して折れるような環境下で
メンテもないだろうにと思いますが、、、。

台湾、、、、、、聞いてないよって?
この手の『聞いてない』というのは、
よくあるクレームのケースですよね。

怪我する前に勉強せぇ〜と言いたいです。
Posted by MOW at 2010年04月08日 21:58
MOWさんこんにちは
仰る通りですね。ただ今回のこの人の怪我が同情してしまうほどの怪我なので、ちょっと考えちゃいました。
仕方がないの一言で片付けたくなる様な話なのですが・・・
Posted by KIKU at 2010年04月08日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村