2020年04月27日

レッドシフト ShockStop サスペンション ステム

逆に平日は自転車通勤なので問題ないがコロナ禍で悶々としている週末


最近の物欲の究極はニューバイク


スペシャライズドのルーベスポーツがめっちゃ欲しい

1.jpg

フューチャーショックと呼ばれているステムのサスペンションでダートも安心


ロングライドも疲れず走れるとか


噂でしか聞かない乗り心地だが憧れる


林道もそうだが私は通勤でも使っているジャイアントのTCXだとマンホールの段差や歩道の段差、それに傷んだ舗装の細かいバイブレーションが嫌いです

2.png

フューチャーショックならその振動を吸収してくれるのか??と憧れが募る一方


ジテ通でも使い林道も走りそして輪行もしてと楽しみ方は色々ある


しかし難点もある


油圧ディスク


これが私にとっては輪行の大きな障害


気にしない人はしないんだろうけど私はちょっと気になるので絶対にしたくない


数年前までの旧モデルなら機械式ディスクのタイプはあったのだが・・・・


そんな時色々ネットサーフィンしてて見つけたのがこれ


レッドシフト ShockStop サスペンション ステム

TCXで今の不満はバイブレーションだけ


これで問題解消するなら機械式ディスクだし輪行は何回も経験あるのでOK


ネット通販でもほとんど定価販売でどこも値段は一緒


しかし唯一見つけた超お安いサイトの松屋モール


税込み20000円以上が普通なのに半値以下ww


一応念のためネットで松屋モールって検索すると大笑い


出てくる出てくる悪評判


典型的な詐欺サイトでいた^^

DSC_0557.jpg

結局アマゾンで購入し我が家に届いたのがGW第一弾26日の日曜日

DSC_0558.jpg

箱の裏には色々効能が書かれています

DSC_0559.jpg

自転車では安心の台湾製なんですね^^

DSC_0560.jpg

SNSも色々やってるようでフォローしてみようかな

DSC_0562.jpg

説明書は全部英語なのですが英語苦手な私でも絵を見れば理解できるので安心

DSC_0561.jpg

サスペンションの強さはおおよそ体重別に調整できるようで色分けされたエラストマーを組み合わせることによってサスペンションの強さを調整する仕組み

DSC_0563.jpg

開封時はオレンジ(60kg)とブルー(70kg)が既装着されている

DSC_0564.jpg

私の体重は77kgなので組合せはグリーン(80kg)とイエロー(50kg)が正解なのだろうが基本は舗装道路で使うつもりなのでクッション柔らか目にしたく既省着のままにした

DSC_0576.jpg

ステムの重さは実測値で272

DSC_0566.jpg

結構重いのね

DSC_0575.jpg

因みに今までのステムが159gなので113g増


商品的には色んな角度の商品がラインナップされているようですが90mm6度のタイプを購入


ジテ通&林道バイクのTCXなのでポジションは楽な方がいいがあまりにも極端なポジションじゃ格好悪いと思ってそれとなくアップライトなポジションに変更


装着して少し河川敷のダートを走ってみましたが随分と振動が和らいでる印象

DSC_0573.jpg

マンホールの段差や歩道の段差もわざとハンドルに体重かけて乗り上げてみましたが今までだったら手の平や骨に直接ガツンとくる衝撃が半拍おくれてカツンとくる感じ


ガツン→カツン カツン→コツン ぐらいの軽減かな?

DSC_0568.jpg
DSC_0571.jpg

荒れた舗装の細かい振動も随分と違う感じがしましたが多分慣れちゃうとそのありがたみが分からなくなるんでしょうね

DSC_0569.jpg
DSC_0570.jpg

ダンシングしようとハンドルに体重かけたまま立ち上がるとその瞬間ハンドルがグッと沈み込むのが分かります


ブレーキをかけた時もハンドルの沈み込み

DSC_0567.jpg
DSC_0572.jpg

は感じますね


ダンシングする時は沈み込みはそんなに感じないがステムが重くなったせいなのか沈み込みのせいなのか分かりませんがハンドルを左右に振る時の重さ?振りにくさを感じました


しかし私はこのバイクでそんなガツガツした走りはしないので問題なし


コロナ収束したらはやく林道走りたいなw

posted by KIKU at 11:40 | Comment(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村