2010年04月19日

スプロケット掃除

BB取外し清掃の後はスプロケットの掃除をしました。

べつだんそんなに汚れていた訳でもないのですが、まぁ〜折角お掃除モードになっていたので一緒にやっちゃいました。

ちょっと光の加減もありますのでよく分からないと思いますが、気になる汚れはありませんがそれこそ汚れてからやるよりもマメに掃除してあげないと・・・・なにせ私のエスケープRは屋外保存ですから お家に入れない以上はこまめに見てあげないと人様の自転車より劣悪環境のエスケープR2はその分劣化が早いのです。




  ↓↓ギアは必ずアウターにしておいて下さい。
DSC_0009.jpg


最初にするのがシフトチェンジです。タイヤを奪着しやすいようにアウターにしておきましょう。エスケープR2は8スピードなので8速になります。





変換 〜 DSC_0038.jpg

次はVブレーキの解放をしてあげましょう。私は個人的にいつもこの作業を忘れてタイヤを外そうとした時にVブレーキが引っかかってタイヤが外れない事がしばしばあります。

皆さんは忘れないようにやっています??



  ↓↓指でつまんでクリップを外すだけ
変換 〜 DSC_0039.jpg

 

写真の様にアームをつまんでクリップをちょいと外すだけです。ロード用のキャリパーブレーキはもっと簡単でクリップを回すだけですので良いですね!



  ↓↓こんな感じ
変換 〜 DSC_0040.jpg

 

そうしたら、下に何か引いて自転車をひっくり返しておきます。




  ↓↓自転車をひっくり返したらクイックリリースハブをゆるめる
変換 〜 DSC_0044.jpg

その後クイックリリースハブを解放してあげてチェーンに引っかからなように後輪を外していきます。



  ↓↓スプロケ外し・フリー抜き・モンキー

変換 〜 DSC_0051.jpg

これから使う工具がこれ!スプロケット外し・フリー抜き・モンキーレンチです。

フリー抜きはロックリング抜き、スプロケット外しはスプロケットリムバーとも言っているみたいですね。何でも良いから使えればいいのです。



  ↓↓クイックリリ−スハブは外して別に保管しておきます。

変換 〜 DSC_0049.jpg

クイックリリースハブは後輪から抜き取っておいてください。




  ↓↓フリー抜きを溝にあうようにはめ込みます

変換 〜 DSC_0052.jpg

フリー抜き(ロックリング抜き)を溝にあうようにロックリングにはめ込んでいきます。




  ↓↓この位置からモンキーを押し下げればロックリングが外れます

変換 〜 DSC_0054.jpg

つぎがスプロケット外し(スプロケットリムバー)をスプロケットに噛まして、フリー抜きのモンキーレンチで押し下げてロックリングを外します。

スプロケット外しはこの時固定でモンキーレンチを押し下げるように回していきます。

はじめての方はここが、ことのほかかたい場合がありますが頑張ってみてください。ただし逆方向にやるとどんどんしまって言っちゃいますので注意してね!!



  ↓↓左がロックリング
変換 〜 DSC_0056.jpg

 

こんな感じで外れました。 エスケープR2のスプロケットは16速までが固定されていて、7と8速がバラけます。一番左がロックリングです。



  ↓↓歯と歯の間も綺麗にね!

変換 〜 DSC_0057.jpg

スプロケットが16速までがバラけてくれないので掃除が面倒ですがクリーナーなどで間に入って汚れを吹き飛ばしてすきまに布や見ん棒でふきふきしてあげます。

まあまあ綺麗になりました。元々そんなに汚れていなかったのでそれほど手間はかかりませんが、歯と歯の間に脂汚れが溜まると結構頑固ですのでマメに掃除した方が良いと思います。



  ↓↓溝幅の違う場所を確認
変換 〜 DSC_0060.jpg





  ↓↓溝幅の違う場所を合わせてはめ込みます
変換 〜 DSC_0061.jpg

掃除が終わったらスプロケットをまたフリーハブにはめ込んでいきますが、一か所だけ溝幅が違うところがありますので、そこを合わせてはめ込みます。




  ↓↓そんなに必死に締めなくても大丈夫かな?トルクレンチがあれば・・・

変換 〜 DSC_0063.jpg

又ロックリングをつけてフリー抜きで回してはめ込みますが、今度は外す時と違って逆方向ですからスプロケと外しが無くてもロックリングは回せます。





  ↓↓アウター(8速)をチェーンに乗せて・・・

変換 〜 DSC_0068.jpg

クイックリリースハブを又付けたら、写真のようにチェーンの上にアウター(8速)を乗せてブラケットをグイッと引き上げれば勝手にガチャンと後輪がはまってくれます。取る時と違ってはめ込みは楽ですね。 



  ↓↓ブラケットを引き上げれば勝手にガチャンと

変換 〜 DSC_0069.jpg


クイックリッリースハブは仮締めにしておきVブレーキのまたクリップをはめ直してちゃんとブレーキが利くようにしておいてください。これを忘れて喜んで自転車の乗って死にそうになった事があります。

そうしたら自転車をひっくり返し正常の向きにして、サドルに胸を押しあてながら自転車に体重をかけた状態で正式にクイックリリースハブを本締めします。 ここで体重をかけて本締めしないとタイヤがぶれて正しく回りませんのでブレーキに当たって走行中に異音がしたり、振動が起きたりしますので、必ず体重をかけてタイヤは取り付けてください

posted by KIKU at 05:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | メンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村