2010年04月14日

南房総ポタ3

をくずれ水仙郷をこえるとトンネルがあります。千葉はトンネルがとても多い県ですね。

後で調べてみたら全国第2位の数だそうです。多い訳ですね・・・


  ↓↓をくずれ水仙郷から長狭街道を目指します
DSC_0064.jpg

 

佐久間ダム・をくずれ水仙郷からは県道34号線の長狭街道(ながさかいどう)に入ります。この街道の峠が横根峠と言って日本百名峠にも選ばれている有名な峠だそうです。
そもそも千葉には有名な峠があまりないようですがそれは山の標高が低いせいもあるのでしょうが、もう一つは前記しましたがトンネルが多いからなのでしょう。 峠を越えずにトンネルにしてしまう事で千葉の道路は整備されているようですね。ちなみに全国第一は大分県だそうです。実際に横根峠を越えましたが何でこの峠が日本百名峠に選ばれたのか不思議です? なんか何処にでもある様な感じが否めません・・・・そこそこ綺麗ではありますがね。



  ↓↓横根峠
DSC_0067.jpg


峠を越えて次なる目標は大山千枚田です。 首都圏から一番近い棚田として有名だそうで、棚田自体は神奈川県の葉山にもありますが、規模が違います。大山千枚田に行くためには途中右に曲がらなければなりませんが、いまいち自信がありませんで、しばらく鴨川方面に進んでいましたらおばあさんが道路を掃き掃除していましたので、ちょっとお聞きしたところ、入口は2つあるそうで、ここより手前と先にあると言うんです。


  ↓↓横根峠を越えて鴨川市に入りました
DSC_0069.jpg


どっちかと言うと戻った方が近いとの話なのでそうしました。大山不動尊の看板があるからそこを曲がれ!と教えてもらったので言われた通りそこから脇に入って行きましたが、ここがことのほか激坂で凄かったです!! 正直足付き寸前でしたが何とか登り切りました。その時の写真を撮りたかったのですがその為にはまた引き返して坂を下らないといけないので辞めました。



  ↓↓棚田に向かう道中にある萱葺き屋根の民家

DSC_0080.jpg

矢印看板の指示に従っていくと折角登った山を無駄に下らされまた登りが待っていました。考えてみたら棚田は段々に斜面に出来ているのですから、標高の高い場所にあるに決まっていますよね?! えっちらほっちら坂を上がっていくとやっと着きました!!眼下に広がる棚田は見事でしたね!




  ↓↓やっと来ました大山千枚田
DSC_0110.jpg
田植え前の田んぼはおばあさんが2人で地拵えをしていました。
起伏が多く平坦な土地の少ない南房総の山間部では山の斜面を開墾し地形を巧みに造成して棚田が作られたそうで、この大山千枚田はその中でも最大の規模だそうです。起源は江戸時代以前のようでかなり古い棚田になるそうです。実際には千枚は無くて375枚だそうですがね。苗の植え付け時期はカメラ小僧が大挙してくるそうです。 当然今回は人もまばらですが、この方がのどかでいい感じですね。




  ↓↓作業してるおばあさん
DSC_0108.jpg


棚田を望む場所に“棚田倶楽部”と書いてある建物がありまして、そこが資料館と軽食が楽しめる場所になっていました。張り紙に“たんぽぽコーヒー300円”と書いてありましたので休憩がてら注文しました。




  ↓↓棚田倶楽部

DSC_0105.jpg

コーヒーは何がたんぽぽなのか最後まで意味不明でしたが、付け合わせのお菓子がゴマを練った物を角砂糖の様にしたお菓子??が結構いけていまして、たんぽぽコーヒー??と一緒に飲むとこれが美味しいこと!! また来て飲みたい一杯のコーヒーに昇格しました。





  ↓↓棚田を眺めながら頂く たんぽぽコーヒー 300円
DSC_0104.jpg


休憩も終わりまた長狭街道に戻る道をお店の人に聞きましたら進行方向まっすぐでOKだとか・・・・言われる通り ゆるやかな坂を下っていくと又トンネルがありましてそこの先にもまた棚田?らしき田園風景がつづきます。


  ↓↓畔に植えてあるパンジーが素敵でした。
DSC_0123.jpg


そのうち先ほどの長狭街道に出た訳ですが、よく考えてみたら この下ってきた道を登っていけばかなり楽勝で大山千枚田に行けた事が分かりました。 あのおばあちゃんの助言が裏目に出た訳ですね・・・



  ↓↓最初からここを曲がれば何の苦労もありませんでした・・・・

DSC_0124.jpg

まぁ気を取り直してここからは一気に鴨川を目指します!! 鴨川で美味しいお昼を食べる目標がありますので!
posted by KIKU at 05:00 | Comment(31) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村