2010年04月07日

ビアンキ事故

先日スペースシャトルのディスカバリーが山崎直子さんを乗せて宇宙に飛び立ちましたね。

このスペースシャトルは今回を含めて残り4回のフライトでその役目を終えるそうです。

当時この計画が発足した時は何回も宇宙を行き来する、この宇宙船は経費的にもお得な宇宙船だったと記憶していますが、1986年のチャレンジャー爆発事故以降、安全性に疑問視されたスペースシャトルはかなりの予算を安全技術の向上に費やしてきました。

結果経費的にお得だったはずのこの計画は費用対効果で見るとかなりの高コストであると判断され中止を余儀なくさたようです。

     
 
 ↓↓菜の花とR2は良く合います
変換 〜 DSC_0034.jpg


自転車の世界でも規模は違いますがやはり事故は多く存在しまた技術的な向上もかなり見受けられますが、その中でも先日報道がされたビアンキの転倒事故は痛ましい物でしたね。

平たんな路上で前輪が本体のサスペンション部分から脱落したため、前のめりに転倒。頸椎損傷で首から下がほぼまひし、介護が必要と報道がありました。   この事故が起きた自転車は私も乗っていますが最近流行のクロスバイクですね。 サスペンション付きのタイプですから重量的にはあるのでスポーツ志向というよりはシティーサイクル的なバイクではないかと思います。民間の調査会社の話によるとサスペンション内部にたまった水が外部に排出されず、そのサスペンションと直接つながっていた左右のスプリング2本が腐食し折れたのが原因という。   
 


 ↓↓今度夜桜でも撮りに行こうかな?
DSC_0078.jpg


被害者は「メンテナンスは十分してきた。同じ自転車に乗っている人が事故に遭わないようにしてほしい」と話しているそうだが、どの程度のメンテなのか??真相は分からない。

メーカーは雨ざらしで何年も大丈夫な構造の自転車を製造することが求められるのでしょうか?


 

 ↓↓ヨットのオーナーってやっぱりヒゲはやしてるのかなぁ?
P3192618.jpg

またユーザーは何処までのメンテナンスをすればいいのでしょうか?

スポーツバイクに乗られる方の多くがメンテを充分?にして自転車生活を満喫している方々がほとんどだと被いますが、一部にそうでもない方もいられるのは事実だと思います。

   



  ↓↓子供乗る自転車のメンテナンスはしっかりと!!
DSC_0101.jpg


また私の愛車ジャイアントエスケープR2も代表的な安価なクロスバイクの一つに数えられますが、安いと言うことは使われている部品もそれなりと言うことにほかなりません。そのことを良く理解して自転車に乗らないと痛い目にあうのは自分です。 まぁこの自転車業界では高い=丈夫ではありませんので、なんともいえませんがね。

逆に高い自転車ほど、よりデリケートな仕上がりになっているので余計にメンテは大変だと思いますが・・

最後にこの被害者のコメントで台湾製なんて聞いていないという被害者の方の言い分にはビックリしましたが・・・・・

posted by KIKU at 05:00 | Comment(38) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村