2010年02月26日

横浜みなとポタ その2

なんだか春一番が吹きそうな陽気になってきました、朝ズバの根本美緒さんがそう言っておりましたので、きっとそうなんでしょう。
去年の秋から始まった自転車生活者には初めての春がやってきます。
衣替えの季節です。  春用のウエアーかぁ〜 また出費がかさみそうです・・・・・


  ↓↓臨港パークから見えるベイブリッジ
DSCN1420.jpg


さて 大型トラックのエアーブレーキ音に脅かされ歩道に逃げ込むことになったわけですが、いつもの要領でひょいと前輪を持ち上げて切り下げブロックを飛び越えて歩道侵入(歩行者さんごめんなさ〜い!)・・・・が 後輪が乗り上げに失敗したみたいで歩道に対して約30度の入射角で入ったエスケープR2ですが後輪がその入射角をかたくなに拒否した結果意識とは関係なくハンドルは急に左に切ったような状態になり  っっっっえ!! その後どう転んだかは定かではありません。

  ↓↓さん橋にある波に揺られるレストラン
DSCN1430.jpg


気が付いたら歩道で転がっていまして、とっさに360度確認、ここは車道?歩道? ときょろきょろし自分が歩道で転がっている事を認識したら、ホッとしたのでしょうか?力が抜けてその場にへたり込んでしまいました。
なんか顔が痛いなぁ〜と思いながら久々の体育の座り方でしばしボー然としていると、白馬に乗ったローディーさんが“大丈夫ですか?”と止まって助けに来てくれました。

  ↓↓ベイブリッジの真下は薄暗くやけに静かです
DSCN1457.jpg


その時気が付いたのですが、メガネが若干ひんまがってて ヘルメットの雨除けのツバが外れ、またサイコンもすっ飛んでいました。
その一つ一つをローディー王子様が拾って集めてくれました。
“じゃ!気お付けてください”と一言発してその場を一路北へ向かって走り去って行ってしまいました。 遠ざかる王子様の後ろ姿にありがとうございましたと声をかけるのがやっとのことでした。


  ↓↓134号の小和田浜公園前の歩道橋 箱根駅伝はここから海岸線の一本道を・・・
DSCN1470.jpg


一人ぼっちになってだんだん冷静さを取り戻してくると体のあちこちがズキズキしてきました。
顔が痛いのは認識があったのですが、肩と手の甲と膝小僧とそれぞれ痛んでいるみたいでした。
しかしこの傷がまた私を悩まします????? なぜなんだろう?? ケガの場所があまりにも不思議なんです。
posted by KIKU at 00:00 | ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村